So-net無料ブログ作成

7,28土曜特訓  7,29日曜コース [日記]

IMG_c3338.jpg

   土曜日の日記 7月28日

  土曜特訓コース、受験者研究会

IMG_c3339.jpg

 平手の指導で矢倉は中盤からが難しい。攻めの駒組みの形を覚えるのがいいようだ。

IMG_c3343.jpg

 二枚落ち戦だが「攻め勝つのでなくて、駒を働かす攻めを覚える」のがいいように思う。攻めがノルマではない‥守りを固めてコツコツ指すのもよい。

IMGc_3342.jpg

 これは私の負け筋・・筋に入ると受からない。実戦は攻め間違えてしまった。やはり終盤の力の鍛練が将棋上達の基本であるようだ。

IMG_c3347.jpg

 受験者研究会だが、いよいよ夏本番で引き締める時期だが、調整具合も難しい。結局は普段の力を出すこと、きちんとした骨格のある将棋を指すこと(説明が難しいが)だろう。

 要するに荒っぽい派手な手でなくて、綿密な細かいコツコツと積み上げるような将棋がいいように思う。ていねいさがすべてだろうか?

IMG_c3349.jpg

 ややバテ気味である。

日曜日の日記 7月29日

日曜コースA、B

IMG_c3350.jpg

IMG_c3351.jpg

 日曜日の午前中は「日曜コースA」だった。夏休みのせいもあって、欠席が多かった。その分、気楽さもあって少しのんびりできた?

 久しぶりに私が指導のメインになる。普段は弟子がメインで、私は補佐で全体を見る役目に回っている。私の場合は級の下の方の子の指導が中心だ。実際に指すと、少しずつだが特徴が把握できて、何を指導すればいいのかわかってくる。それが仕事である?が、なかなか難しい。

 指導することとそれが身に着くことはややギャップがあって、案外指導する側の方が自己満足に陥りがちなのである。

IMG_c3352.jpg

 当たらずとも遠からず・・なのだが、頭で理解するのと、技が身に着くというのも大きな壁がある。繰り返し鍛錬することと、基礎をみっちり・・なのだが、これも難しい。

IMG_c3354.jpg

 飛香落ちでふんわりした?局面だ。お互いに力を発揮する場面だ。

午後からは日曜コースBだった。こちらも欠席が多くて、ゆったりできた?受験者特訓もあった。山口2級に指導を依頼する。

IMG_c3359.jpg

 二枚落ちの試験指導対局。ここから4四歩、同歩、3五歩、同銀、同銀、同飛、3六金、3二飛、3五歩と進めた。そこで4三銀が冷静な手だが、実戦は4五歩、同桂、3五角と攻めたが3三歩で上手の勝勢になった。

IMG_c3360.jpg

 飛香落ちの試験指導対局の終盤。ここから6六馬、7二角、6二玉、5四桂以下上手勝ち。正解は7二角に7四玉、8六桂、6五玉、8三角成、5四玉、5五銀、5三玉、6六銀、2五桂だった。

IMG_c3361.jpg

 夕方から少しバテてしまった。

 夜は研修会の棋譜調べをする。

オリンピックの柔道を見た。けっこう力が入ってしまう。技を決めたり、優勢を逃げ切る方法とか、勝つのは大変だ‥試合の後での選手の本音の姿がよかった。何年も積み重ねてきただけに、本番で負けると悔しいだろうなあ‥


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog