So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6月30日 今治に行く [日記]

 6月30日
 今治に行く
  高校時代の恩師の越智先生の米寿のお祝いと、私の宝塚市特別賞のお祝いをしてもらった。四国中央市のA君の家の前に集合してバスで今治に向かう。
183c.jpg
 いつも瀬戸大橋で帰っているので、この今治尾道ルートは初めてである。来島海峡が目の前だ。
188c.jpg
190c.jpg
 同窓会も兼ねていた‥私は高校時代は無口で愛想も何もなかった?
 「森君、そんなに将棋が好きなら、棋士になったらどうや」越智先生に言われた言葉である。当時はアマ二段だったので「それは無理です」と答えたように思う‥
 それから高校を卒業し就職し、自分が世の中でいかに役に立たないかを実感する。将来が不安になったときに、かすかな運で奨励会の試験を受けられることになった。
 私はどこか当時の体験があるので、常に少々の後ろめたさを感じながら棋士の暮らしを送っている‥
そういういきさつがあるのと、それ以降もあれこれと親身になってもらったので、恩は言い尽くせない‥
204c.jpg
207c.jpg
 「当時の話やがなあ。お前が内緒で学校を休んで将棋大会に出ていたのが、新聞に出て、学校で説明するのに困ったことがあったぞ‥」
 実は高校卒業のときも、私が他の先生と揉めて卒業が危ういことがあって、そのときも助けてもらった。「森君、そがな意地をはらんと‥」
 私が弟子を持って困ったっときは、すべてにおおらかな対応の越智先生の言葉が浮かんで来る‥
251c.jpg
272c.jpg
今治からの高速の風景は心地よかった。
275c.jpg
年齢が増してくるごとに、故郷の同級生の存在のありがたさを思う。遠慮なく接せられるのがいいのだろうなあ‥
280c.jpg
 帰りは数人で駅まで見送ってもらった。ふと思い出したが、卒業して就職のときも駅まで見送ってくれたのがほぼ同じ仲間だったなあ‥
 あれから47年経って同じシーンだなあ‥

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 2

Akira Sumitomo

先生
懐かしい四国の愛媛
私は徳島ですから。
良くわかります。
お気をつけて下さい。
by Akira Sumitomo (2018-07-13 08:50) 

やすかわ ういこ

京都新聞をとっていますので、随時夕刊に載る森信雄さんの記事を心待ちにしています。
(もちろん『聖の青春』は初版で持っております!)
 
9月3日、待望のコラムを拝見したその足で?こちらにたどり着きました 
(ブログは以前から時々拝見しておりました)。

前置きが長くなってすみません。 
越智先生とのお話を読んでふいに泣けました。 
よい先生だなあ、また、卒業後何年たとうと
再会おできになりよかったなあ、などなどの理由だと思います。

久しぶりに見てかわいいうさぎが森家の住人になっていることも発見いたしました!
  
日中は暑さが残り、台風も近づいております。
おからだに気をつけてください。
これからもずっとお元気で。
   
by やすかわ ういこ (2018-09-03 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。