So-net無料ブログ作成

来条克由君の葬儀 [アルバム]

IMG-c_4233.JPG

 今日は元奨励会の来条克由君の葬儀に出席するため、9時半過ぎに家を出て、阪急で三宮まで行き、JRに乗り換えて兵庫駅で降りる。そこから徒歩5分で着いた。

 来条君は必至名作集の作者で、私とはその昔、村山聖が内弟子していた頃によく泊まりに来ていた。紙バッグに着替えを入れて「こんにちは」とやってくる。それから居候で、村山聖の相手もしてくれた。必至問題を見せてもらっていたのもその頃だ。三人で食事にいったりもした。「森先生、食事に行きましょう」来条君はさりげなく居候の身分をわきまえず?言い出すのだが、その素直さがよかった。

 「来条君、一週間が限度やで」居候の限度を決めていた。1週間経つと家に帰っていくのだが、また二日後に「こんにちは」とやって来て、我が家のように手馴れた仕草で居候をしていくのだった。来条君は目立たなくて、私はときどき居候が居るのを忘れてしまって、朝帰りのときもあったりした。その後で、来条君の必至問題が、師匠の内藤先生のご尽力もあって有名になってうれしかった。

 このマンションを出てからは、私が家に篭る生活をしたこともあって、(その後数年後に結婚して宝塚に来た)来条君とはご無沙汰となっていた。あれから何年経っただろう・・1月25日に亡くなった時、来条君は50歳だった。

 11時から40分くらいで葬儀が終わり、見送ってから、来条君の師匠の内藤先生と一緒に駅に戻る。青空がまばゆかった・・

IMG-c_4240.JPG

 天気もいいので、写真散策にする。

IMG-c_4243.JPG

源さんを思い出したが、水浴びの後なのでビショビショだ。

IMG-c_4247.JPG

 ひなたぼっこする鳩

IMG-c_4268.JPG

JR兵庫駅から元町まで戻り、何となく降りる。中華街が賑やかだったので足が向く。

IMG-c_4271.JPG

春節祭でごったがえしていた。

IMG-c_4275.JPG

おいしい匂いを飲み込みながら、人混みの中華街を歩く

IMG-c_4277.JPG

イベント会場

IMG-c_4280.JPG

青空が澄んでいる。赤が似あう。

IMG-c_4282.JPG

手前に背の高いサングラスの女性、実は人形です。

IMG-c_4284.JPG

福袋を持って記念撮影

IMG-c_4290.JPG

こういった店が並んでいるので、昼食を済ませたことを悔やむ

IMG-c_4294.JPG

通りの横の路地にも店がある

IMG-c_4303.JPG

「やましい心では波が立ちませんぞ」あせるご主人?

IMG-c_4307.JPG

中華街の門

IMG-c_4308.JPG

元町通りだったかな?

IMG_-c4310.JPG

IMG_-c4319.JPGIMG_-c4255.JPG

IMG_-c4332.JPG

IMG_-c4338.JPG

IMG-c_4336.JPG

こういった風景が元町らしい

IMG-c_4343.JPG

三宮まで散策する

IMG-c_4351.JPG

清荒神で降りて細い道をいくと、蝋梅が咲き始めていた。

 今日も心なしか長い一日だった・・

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0