So-net無料ブログ作成

詰め将棋の話 [日記]

 

大阪市福島区 

 午前中、Sさんから電話があって「サクサク解こう1手3手」の再版が決まったとのこと。そして山海堂から出版予定だった新刊(一手詰め400問)の身の振り方も決まって、別の社から4月頃に出版と決まった。うれしい知らせで、単純な私はにこやかになるのだった。

 その後なんやかやと雑事をこなして、午後から関西将棋会館に行った。詰め将棋の、谷口さん、上田さん、則内さん(初めてお会いした)と集まって、喫茶店のはしごをしながら、歓談したのだった。

 詰め将棋、チェス、フェアリー、詰むや詰まざるや、新人の作品、早解き競争などいろんな分野での楽しい話が多くて、あっという間に時間が過ぎた。家に帰って、夕食がまだなのに気がついた。それくらい没頭していたのだ。

 帰宅して、サンケイのエッセイを書く。仕事をそっちのけなのはあかんなあ。反省しつつ、まだいっぱい仕事を残しているのだった。

 。


nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

ahiru

モリノブ先生、こんばんは。
再版、よかったです。また買う楽しみができました。
私にとってもとてもいいニュース、今日はよく眠れそうです^^。
by ahiru (2008-02-22 00:09) 

モリノブ

ahiru様
 再版、とってもうれしいですね。新刊は一手詰めなので入門用ですが、これも楽しみです。
 仕事をしていると、心置きなく遊べるので、それもよかったです?
 
by モリノブ (2008-02-22 13:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。