So-net無料ブログ作成

水曜日の日記 4月27日 [日記]

水曜日の日記 4月27日

IMG_c3030.jpg

 ゲラの校正をいったん送ってほっと一息ついた。検討力が落ちているのと、もともとの注意力散漫が苦戦の原因である。

 自分の(心の中でも)何かを武器にしないとやっていけないと思っているが、自信という文字は自分の思考から消えてしまって、疑心暗鬼や未熟者という言葉がちらついて困る‥謙虚さからくるのならいいのだが、自分を客観視してのことなので困る。

 それでも平気な顔をして生きていくよりないなあと思うのだった。これが一番大きな武器かもしれない。

IMG_c3031.jpg

午後からはコツコツ祝賀会の準備に取り掛かる。


火曜日の日記 4月26日 [日記]

火曜日の日記 4月26日

 火曜研究会

IMG_c2974.jpg 

 この日は有段者研究会だが、二名だけ参加だった。これは初めてかもしれない‥

IMG_c2976.jpg

 金太郎はときどき調子に乗って、悪くなる?

IMG_c2980.jpg

かくれんぼする金太郎

IMG_c2981.jpg

 何故か一円玉を探してきた‥

IMG_c2985.jpg

 昔は苦手だったが、筍が大好きになった。年齢とともに食の好みは変わってくるようだ。

 夕方からは級位者研究会で、こちらは8名参加だった。全体には成績がもう一つで、それぞれに歯がゆい思いをしているはずだが?自分の力でこなしていくしかない‥

 情けは人の為ならず・・ 慰めは弟子の為ならず・・励ましも叱咤も弟子の為ならず・・厳しく見守るのがいいのかなあ‥難しい。


月曜日の日記 4月25日 [日記]

月曜日の日記 4月25日

 中田章道七段と麻雀

IMG_c2964.jpg

 この日は名古屋から中田章道七段が来て、麻雀の一日である。

IMG_c2966.jpg

 師弟対局はたいてい弟子が強いものだ?中田七段と村田五段である。浦野八段が隣の宅に移り、私と脇八段と四人のメンバー(でも三人麻雀だが)となった。私は最近はミスも多くて運もなくて技量も低いので全く勝てない。

 この運は別のものに使われているのだろう(と思うしかない)

IMG_c2970.jpg

 終わって打ち上げのひとときを過ごす。たまにはこういう時間がいいなあ。


日曜コース、午後は枚方に行く 4月24日 [日記]

 ☆日曜コース、午後は枚方に行く 4月24日

IMG_c2941.jpg

 午前中は日曜コースだった。金太郎はゆったりしている。

IMG_c2943.jpg

 将棋は自分だけの一方的な考えの方が早く強くなる面もあるが、やはりじっくり強くなるためには相手の様子をうかがう面が大切だ。相手がどう指すのか‥それを考えるのが「読み」かもしれない。将棋だけでなくて思いやりのある子の方が伸びる‥

IMG_c2945.jpg

 私は11時くらいまでいたが、出かける。それから〇さんと会って話をする。

IMG_c2946.jpg

 春のせいか?派手な車両が多い‥自己主張の時代の表れか‥私は控えめが好きだ。だから時代についていけないし、ついていこうと思わない‥だから日々苦戦する?人生である。

IMG_c2950.jpg

輝きプラザきららで開かれていた 第3回飛翔杯将棋大会での指導対局に行った。六面指しでなくて三面指しにしてもらった。その分、回転率を考えて?こなした。見晴らしのいい会場だった。

 みんなてきぱきと指してくれたので、気持ちよく指せた!

IMG_c2952.jpg

 会場から枚方市を臨む

IMG_c2955.jpg

 向かいのモダンな建物は図書館らしい。この会場の両方とも大阪外大の建物だったそうだ。

IMG_c2959.jpg

 終わって打ち上げに行く。Mさんのご近所の銭湯で、遠方からも来るらしい。

 枚方というと本間爽悦先生で、私は気に入ってもらって好かれていた。大貧民?の頃に詰将棋の仕事をもらって、とっても助かった記憶がある。

 私は当時住み込みの塾生だったが。対局が終わっての深夜に本間先生がお酒を飲みながらにこにこ話をされるのだが、明け方に突如真顔で「森君、あなたの将棋はだめです」と叱られた‥最後は「まあがんばりなさい」と励まされるのだった。

IMG_c2963.jpg

 阪急梅田駅のホームにある時刻表。時刻をタッチすると到着時間が出る。便利だが?


4月23日土曜日 [日記]

月23日土曜日

 土曜特訓コース、三段リーグ開幕

IMG_c2911.jpg

 日々のオーソドックスな場所

IMG_c2914.jpg

 これは指を甘噛みしている‥これがまれにきつく噛む、叱った後などである。

IMG_c2922.jpg

 土曜特訓コースで10時からの部は多かった。福田5級、普及指導員の息子も手伝ってこなせた。

IMG_c2923.jpg

 まずまずの出だしだ。互角に近いならOKだ。

IMG_c2925.jpg

 上手も必死の守りの五枚落ち戦だ。四枚落ち、五枚落ち、六枚落ちはそれぞれにかなりの差がある。

IMG_c2926.jpg

 ここから3二銀から3三桂で合格。七枚落ち戦だ。六枚落ち、七枚落ち、八枚落ちもそれぞれにかなりな差がある。

IMG_c2927.jpg

 上手の反撃で、ここから玉を囲えば下手が指せる展開だ。二枚落ち戦。

IMG_c2930.jpg

 下手は攻め駒が少ない?2四銀から右辺で戦いたい。

IMG_c2932.jpg

 このパターンは下手が勝ちにくい。大駒が使いにくいせいだ。

IMG_c2934.jpg

 下手は右の銀を使いたい。こうやって見ると、持ち駒の活用でなぅて、盤面の駒の活用がほとんどの場合に急所だ。

IMG_c2936.jpg  4五歩、1五歩、4六歩、1四歩、4七歩成、同金右、5七角成と進んだ。これでも下手が指せる。

IMG_c2937.jpg  ここから7五金、5五角と進んだが、7六金と打ちたい。角のラインの不安?をこなせば勝てる。

IMG_c2938.jpg

 この日は三段リーグの開幕でもあった。なかなか結果報告の電話がなくてやきもきしていたが‥出だしは全体では微妙である。

 これから半年、日々の生活のリズムを作って、悔いなく戦ってほしいと思う。

IMG_c2939.jpg

 夜は祝賀会の準備とゲラのチェックに追われる‥どちらもこなせるかどうか不安になってきたが‥綱渡りであちこちに迷惑をかけそうだなあ‥

 機動能力?が落ちているのも原因のようである。今後はギアを落として暮らしていかないといけないなあ‥そういうときは単純明快に生きるのがよさそうだ‥

 好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、いいものはイイ、嫌なものはイヤなのである。自由と身勝手の中間の位置である。


金曜日の日記 4月22日 [日記]

金曜日の日記 4月22日

  散髪に行く

IMG_c2890.jpg

 最近またこうやってぶら下がるのが増えている。

IMG_c2893.jpg

 私のバッグを開けて飴の袋から取り出した‥確信犯だ。

IMG_c2895.jpg

 こうやって歩くときに悪さが多い。飛ぶ鳥に思えない?

IMG_c2896.jpg

 散髪に行く。最近は安い店に行くが、結構人気があって多い。漫画が読めるのも楽しみである。「静かなるドン」である。

IMG_c2898.jpg

 帰りに図書館によって本を5冊借りた。「散歩とご飯の繰り返し」松本智秋の写真旅日記 「初めての季語」 「兔が笑っている」伊集院静  「僕は人生についてこんな風に考えている」浅田次郎  「絶筆」野坂昭如 である。

 今回は将棋の本は借りなかった?借りる本の題名で、割と今の心情が見えてくるかもしれないなあと思う。

IMG_c2901.jpg

 ケージの中の金太郎

IMG_c2905.jpg

 これも怪しい表情である。何かを企んでいる?

IMG_c2908.jpg

 それでも金太郎に癒されている‥結構人を良く観察している金太郎‥

IMG_c2909.jpg

 野間六段頼みなのだが?ゲラの校正の仕上げで、また時間がかかる‥祝賀会の準備も少しずつ始めている‥

 一息ついてミニコープでアイスを買ってベンチに座って食べる。その帰りの夜景色。

 旅の仙人水津さんに言われた‥「森さんも60歳を過ぎたら引退して、世界への旅に出たらいいですよ」‥そういう人生ではなくなったが、引退後は何か別の道を考えるのも選択肢かなあ‥こっそりひそかに浮かんだが‥

  月明かり 迷いし道の 夜景色


4月21日木曜日 [日記]

☆4月21日木曜日

 山口絵美菜女流2級に昇級!

IMG_c2865.jpg

 昨日も対局だったので、関西将棋会館は連日である。

IMG_c2869.jpg

 ヨウムの尾羽は真っ赤できれいだ。

IMG_c2877.jpg

 金を咥える金太郎

IMG_c2879.jpg

 金を手で掴む金太郎

IMG_c2881.jpg

 家から清荒神駅に向かう途中の細い道

 関西将棋会館道場のアドバイザー棋士の仕事だった。

 ちょうど環状線福島駅に着いたときに連絡があって、山口絵美菜女流3級が今日の対局で連勝して、女流2級に昇級した。

 将棋会館の1Fで待ってくれていた山口新女流2級にお祝いの言葉を言えた‥大きなプレッシャーの中で、将棋に向き合うひたむきで一途な姿勢がよかったと思う。

 この苦労を糧に大きく飛躍してほしいと思う。おめでとう!

IMG_c2883.jpg

 ぞれぞれに全体では厳しい状況の弟子も多いので、祝賀会の前なのに(自分の体調のせいもあるかもしれないが)最近は心のどこかで沈みがちだったが、そういう意味でもうれしいニュースだった。

 あらためて、むしろ弟子に支えられる師匠になってきたなあと思う‥どんどんそうあってほしいものだ。


4月20日水曜日の日記 [日記]

4月20日水曜日の日記

 対局負け 

IMG_c2860.jpg

 名札の入っている缶をこじ開けようとする金太郎‥

IMG_c2861.jpg

 将棋盤も木の感触がいいので油断すると隅っこを噛みに来る。

IMG_c2862.jpg

 昨日は対局だった。竜王戦で伊藤博文六段戦で負け。中盤は押されていたかもしれないが、終盤は勝ちになったと思った。その直後にミスが出て‥でも勝ちだろうと思ったのがこの局面だ。

BANT035.gif

 図から▲4一銀△同玉▲2三角△3二銀▲8一飛成△5一銀

     ▲4四歩△6八歩成▲同玉△5七金▲7九玉B△6七金まで負け。

A▲4一銀=単に▲4四歩で勝ちだったようだ。△6八歩成▲同玉△5七金▲7九玉△6八銀▲8八玉△7七銀成▲同玉△6五桂▲7八玉で詰まなかった。△5七金で△5七銀もあるが残っている。

B△6七金=私は△6八銀以下の手順で詰みと思っていたのでびっくりした。しかし後手玉も▲3二角成△同竜▲5二銀△同玉▲5三歩△同金▲6二金△同銀以下詰まない‥

 どちらの玉も詰みと思ったのが詰まないので呆れたが、ジタバタしないで▲4四歩だった‥

 モヤモヤ気分で帰宅する。

 夜はTさんが来られた。


火曜日の日記 4月19日 [日記]

火曜日の日記 4月19日

IMG_c2741.jpg

 仕事も大まかに済ませて、体調も戻ってきたようだ‥

IMG_c2743.jpg

 甘えてくる割に油断ならない金太郎?

 園田競馬に行く H28年4,19火曜日

IMG_c2749.jpg

 天気も良くて平和な光景

IMG_c2751.jpg

IMG_c2753.jpg

IMG_c2758.jpg

IMG_c2766.jpg

 最近、馬券は苦戦の連続で、お手上げ状態である‥自分の読みを信じないこと?

IMG_c2772.jpg

(いあにときIMG_c2775.jpg

 待望の復帰の木村騎手(不在の時特に馬券が難解になる?)

IMG_c2781.jpg

 競馬で好きなシーンである。

IMG_c2783.jpg

 迫力満点の第4コーナー

IMG_c2808.jpg

 芦毛の馬はとひときわかわいい‥牡馬だがこのメンコ?

IMG_c2812.jpg

 「森先生ですか」パドックで声をかけられびっくりした。東京の方から来られたらしい。私はたいていパドックのこの辺にいます(予想屋さんか?食堂の園田屋さんに訊いてもらえば間違いなく確認できます?)

 また是非お越しください!

IMG_c2829.jpg

IMG_c2831.jpg

IMG_c2838.jpg

IMG_c2841.jpg

IMG_c2849.jpg

馬券は少し回復して、この日は少し勝ちのようだ‥

IMG_c2856.jpg

 前売りで馬券を買って少し早めに帰る。騎手の写真をみながら歩く。

IMG_c2859.jpg

 金太郎は家に近づくとスグに気づいて喜びの声を出す。

 ☆4月29日(祝金)園田競馬場で指導対局があります。

 指導は森信雄七段と竹内雄悟四段です。

どうぞお越しください!

  goonobuo1952@goo.jp 

                   


月曜日の日記 4月18日 [日記]

月曜日の日記 4月18日

IMG_c2727.jpg

 胃カメラがあるので朝食は抜きだったが、この日は空腹でも平気だった。

IMG_c2730.jpg

 宝塚市民病院に行く。昔、腰痛で入院したり、義父の看病で泊まったりしたこともあるので親しみ深い?のだ。これは第2駐車場だ。

IMG_c2733.jpg

 胃カメラを終えて、昼食を食べてから、帰宅する。何となくほっとしたせい、金太郎と遊びながら麻雀の番組を見る。夜はドリフを見る。ほとんど毎日見ているなあ?

IMG_c2737.jpg

 金太郎のお得意のポーズである。

  夜は伊丹支部の支部長の中尾さんと、荒牧のガストで待ち合わせてゆっくり話し込む。ピピアめふ子ども将棋大会で手伝ってもらって以来である。

 昨日の奨励会も全体に成績が悪くて、考えるとまた胃が痛みそうなので、深夜まで動物チャンネルとドラマを見て過ごす‥