So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日 [日記]

IMG_-c8346.JPG

 大晦日の午前中は伊丹の昆陽池に行く。10日前にはいなかったユリカモメもきているだろう・・その読みである。

 このユリカモメの後ろ姿は金太郎にそっくりだ!?

IMG_-c8394.JPG

鴨のひなたぼっこ

IMG-c_8374.JPG

 池に浮かぶ鴨たち

IMG-c_8381.JPG

 騒がしいけれど可愛いユリカモメがいた。

IMG-c_8390.JPG

 白鳥が羽を休めている

IMG-c_8431.JPG

 ゴイサギ?だろうか。

IMG-c_8439.JPG

 冬の光景

IMG-c_8440.JPG

 昼食はHIROにした。おなかも空いて、寒さでコーヒーが飲みたくなった。

 帰宅してチビに犬用のおやつパンをやる。朝もササミのフードはほとんど食べていない。臭いをかいで食べないのだ。

 夕方、妻におかゆをつくってもらいチビに持っていくと少しだけ食べたそうだ。ふと妻が思いついて、団塊おやじさんのコメントにあった、生肉の小さな塊を持っていくと、急に飛びつくように食べた!ほっとする。

IMG-c_8452.JPG

 金太郎は夕方までおとなしかったが、外に出すとこんな風にッレースのカーテンにぶら下がっていたずらを始めた。子ども教室の備品をかじる。

IMG-c_8457.JPG

 何気なくNHK「遥かなる絆、4部、5部、6部」を見た。吉林や長春はいったことがあるので、身近な感じがした。涙もろくなったせいでもないが・・

 腰の調子がよくないので、久し振りに腰痛体操をする。足を痛めたのと寒さから来たのだろう。

 この一年を振り返ると、前半は割といいことずくめだったのだが?後半になってリズムがよくなくて、先行き不安がいっぱいで、どう居直るか、どう我慢するか、どう変えていくか、そんな複雑な立場となっている・・

 先行きの見えない時代ゆえに、かすかでも確かなものを大切に、それが支えになるような気がする。

 みなさん、よいお年をお迎え下さい。

                           森 信雄


ミニ大掃除 [日記]

IMG-c_8266.JPG

 昨日は(12月30日水曜日)午前中、宝塚に出る。買い物とあちこち用事を済ませた。その後でペットショップに寄って、チビの餌を選ぶ。低カロリーで食べやすいものだ、ドッグフードを食べないので、結局市販のササミの入った食品となる。

 チビには手間がかかっても、80グラムの餌を二回に分けて、消化しやすいように与えることにした。全体では300グラムくらいあったほうがいいのだが、とにかく吐かないように願うばかりである。

 金太郎とトビオが対面した。と言ってもトビオは何となく気配を感じるばかりである。金太郎はじっとトビオを見て、どうするのか、どうしてくるのか観察しているのだろう。

IMG-c_8269.JPG

 午後は昼食の後で昼寝をした。昨日痛めた足をかばってあるかないといけないので、今度は腰の調子がよくないのと、足の疲れで熟睡した。

 少し良くなっていたので、ミニ大掃除を始める。

IMG_-c8276.JPG

 ミニ大掃除を終えて、ゆっくりした後で、ブログの更新をした。

 必至にチャレンジ 必至を作ったのは久し振りだ。

 源さん思い出アルバム 源さんが金太郎を見たらどうしただろう?

 子ども教室の部屋 今年最後の子ども教室の日記。

 チビは雨が降っているのに、外に出ている。おなかがすいているのだろうか?私ももうひとつからだがしっくりこない・・

 この調子では、来年も厳しい年になりそうで期待は出来ないが、こういうときこそ渥美清である・・「男はつらいよ」もいいが、「泣いてたまるか」の方である。私はこのシリーズが大好きだった。

 


年末の一日 [日記]

IMG-c_8188.JPG

 昨日は(12月29日火曜)明け方の4時半くらいにトビオの鳴き声で起こされた。行ってみると、かゆがっていたが、ケージから出すとうろうろしている。トビオは目が不自由になってから特に、あたり構わず大きな声で鳴くのである。30分くらい相手をしてやったら、どうやら落ち着いた。

 金太郎がトビオにいたずらしている。何となく尻尾は噛みたがるのもわかる?

IMG-c_8190.JPG

 今度は背中に乗ってきたので、止めさせる。金太郎はエスカレートすると本格的に噛み始めるからだ。トビオもさすがに気づいてイヤがっていた。こういうときに決してヒステリーを起こさないのがパグの特徴で、トビオもそうなのである。

IMG-c_8195.JPG

 朝の内にラッキーを病院に連れて行った。年内最後の診療日なので、早めに行ったが、すでに混んでいた。今日は義父とふたりで来た。

 ラッキーの目は大丈夫で、かゆがってついつい目のふちあたりも足で掻いてしまって、炎症を起こすのだろう。きつめの薬に変えることになった。

IMG-c_8197.JPG

 チビは昼食を少しだが、また吐いたので小刻みに餌をやることにした。肝臓の機能が弱っているので、多くをいっぺんには消化できないのだ。でも先日のようなヨタヨタ状態ではない。食べようとしているのが伝わってくる。

IMG-c_8200.JPG

 チビは金太郎を興味深々にみつめる。金太郎はやや貝になっている。

IMG-c_8255.JPG

トビオとクロを連れて来て、みんなを勢ぞろいさせた。元気なときの方が、何か起きないかと心配なのだが、今は大丈夫と見立てた。

 動物同志は仲がいいことよりも、権力闘争で?どちらかいうと争いの方が多いのではないかと思う。そうしないと生きていけない面もある。のんびりの方がいいのだが、人間でもその本能を持っている冴えないタイプもいる?ぞ。

IMG-c_8258.JPG

 お互いに嗅ぎまわっている。挨拶と力関係の調査?なのである。ここで妥協しないとけんかが始まる。何事もなく始まり、記念撮影をした。

 このときに、足を痛めて(肉離れのようだ)しまった。いろんなことを済ませて、最後に倒れるのが私の宿命?みたいなものなのだ。たいしたことがないと思っていたら、歩きにくくなっていたので、ともかく温泉にいくことにした。

 源泉に浸かりながら、治ってほしいと心の中で願掛けをする。今日は混んでいたが、ぬるめの湯の方があいていて助かった。私はからだが柔らかいのでこういうのは少ない方なのだが、ばね指(結局治りきっていないが、不自由もしていないのでそのままである)といい、年齢を感じる。

 温泉を出て、T整形外科に行ったが、閉まっていた。多分午前中までだったのだろう。

 体が少しでも不自由になってみて、いろいろ気づくことがある。世の中は元気な人間中心で動いていることが多い。心や体の痛みを知らない人間が、いろんな仕組みを考えているのだろうなあ。

 ときどきまっとうな?(基準は人それそれであるが)人のエッセイを読んでいると、景気の悪さが拍車をかけて、人間が病んだ方向にむかっているそうだ。

 デフレが急速に進行している経済の中で、自分の身を守るよりなくて、人間のデフレ?も進んでいるのかもしれない。そこから自己中心主義、貧富の格差、社会の鬱屈が生まれているのが現代なのだろうか。

 そろそろ上向きへの反発のエネルギーが生まれても不思議ではない・・それがささやかなものでも、自分がきちんと向いている方向に進んでいくもの、そんなかすかな期待をもって、新年を迎えたいものだ・・

 あきらめないで、ささやかに・・この地味な心持を大事にしたい。


忘年会 [日記]

IMG-c8120.JPG

 裏の紅葉はようやく色づいてきた。以前はこの時期になると虫にやられて枯れ木になっていたが。ここ数年は冬まで元気だ。もともと小さな苗木だったので、大きくなったものだ。

IMG-c_8133.JPG

 金太郎はますますやんちゃになってきた。私が育てると動物は(人間も)みな好き勝手するようになる?そうだ。わりと過保護なのである。

IMG-c_8135.JPG

 金太郎とセルフで記念撮影、何とか動かないようにじっとさせるのだった・・

IMG-c_8136.JPG

 このハンガーーをずべて落とす。素早いのだ。

IMG-c_8138.JPG

 ハンガーが落ちている瞬間?そしてとうとう元の白い部分も壊して落としてしまった。

IMG-c_8141.JPG

 昼から大阪に出る、泉の広場13:00集合だった。毎年恒例の忘年会である。東和男七段、脇謙二八段、浦野真彦七段、そしていつもは観戦記者の故池崎和記さんも一緒だったのだ・・

 池崎さんはいつもギリギリ来ていたのだった。もしくは急ぎの原稿で遅れて参加していた。

IMG-c_8142.JPG

 夕方までまず麻雀をする。いつものパターンだ。

IMG-c_8146.JPG

 貸切状態である。本店でなくてほとんどセルフの麻雀店だ。従業員もいないので、終わると電話するシステムだ。珍しく私も勝った。本当に珍しいのだ。

 東場はいつも調子がいいのだが、南場に入りトップを逆転されるパターンが続く。いつもながら終盤の競り合いに弱いのだ・・浦野七段に捲くられて負けの展開が続く。最後にようやくトップを取った。

IMG-c_8150.JPG

 夕方から忘年会だが、予約していた店が手違いで入れなくなり、浦野七段が昨年の店に連絡する。梅田界隈で暮れの28日となると、最後の忘年会が多くてなかなか空いていないのだ。

IMG-c_8156.JPG

 泉の広場スグのこの店はどの料理もおいしい。私はカラアゲ、シューマイが特に好きだ。

IMG_-c8152.JPG

 毎年のことなのだが、過ぎ行く歳月の早さに驚くばかりである。

IMG-c_8159.JPG

 終わってカラオケにいくのについていく。私は年に一回くらいだろうか。もともと苦手なのである。自意識過剰タイプである。

IMG-c_8168.JPG

 カラオケの店も満員である。

IMG-c_8173.JPG

 東七段に先導?してもらって歌う。38年くらいの付き合いだが、カラオケで一緒なのは3度目くらいだろうか?

IMG-c_8166.JPG

 浦野七段はレパートリーが広そうだ。

IMG_-c8185.JPG

 どうも脇八段が私のカラオケには相性がいいらしい。お互いに安心感がある?

IMG-c_8186.JPG

 店を出て阪急東通りを進むが、今年最後の忘年会のせいか、深夜になっても賑やかである。

 今年の忘年会はやはりさみしい・・池崎さんの姿がない・・でも賑やかに過ごすのがいいのだ・・この忘年会で今年のイベントはすべて終わった。

 


暮れの日々 [日記]

IMG-c_7990.JPG

 12月27日(日曜)の続きの日記

 仁川駅構内の立ち食い蕎麦屋で、にしん蕎麦を食べる

IMG_-c7991.JPG

 駅を出てエスカレーターの直ぐのところに、このダイワスカーレットのポスターがある。

IMG_-c7993.JPG

 パドックに向かう

IMG-c7995.JPG

 パドックにて騎手の入場(全員ではない)

IMG-c_7996.JPG

 イヤイヤする馬をなだめる。気合が入りすぎている場合と単なるダダッコの場合があるようだ。

IMG-c_7998.JPG

パドックも人だかり

IMG-c_8000.JPG

 騎手を生で見られるのがいい。

IMG-c_8009.JPG

 人が多くてこんな風にしか見られない混雑ぶりだ。

IMG-c_8044.JPG

IMG-c_8065.JPG

 いいいよい中山競馬場で、G1有馬記念が始まる

IMG-c8066.JPG

 阪神10R

IMG_-c8092.JPG

 もちろん座れないので、後方で立っている。

IMG_-c8093.JPG

 有馬記念は⑨ドリームジャーニーが勝った、ねじふせたような勝ちっぷりで強かった。②ブエナビスタはまたも二着だったが、ブエナにむしろ人間味を感じる・・これでいいような気がする。

 わたしは⑥エアシェイディーを買っていないので負け。⑨-②、②-⑨から3連単ねらいなので、ちょっと残念だ。

IMG-c_8102.JPG

 帰宅して金太郎と遊ぶ・・

IMG-c_8108.JPG

 ジャングルジムのようである?

 夜遅くに、阪上初段が自らのお歳暮を持って来てくれた。少し話をして叱咤激励をした。内容は9-1で叱咤である。弟子ひとりひとり話をしたいくらいだが、身が持たないので、関わっていくのは少しづつである。

 師匠の方がムラムラと口惜しさが湧き上がって怒り心頭(何に怒っていいのかわからないが)、体中で沸騰して湯気が出そうである・・!みんなきちんと将棋に向き合ってほしい・・それだけである。

 帰宅してから年賀状を作り、深夜の3時までかかったが、発送までこぎつけたので少しほっとした。すべてこんな調子でドロ縄方式である。

 まだ何かと懸念材料があって、すっきりとは正月を迎えられそうに無いが、うまくいかないのが人生とも思っているので、中途半端なマイナスイオンの中でも普通の呼吸で踏ん張らないといけない。

12月28日(月曜日)の日記

 チビは普段に戻りつつある。もうだめかなあと思っていたときもあったので、回復の早さに驚く。少し気持ちが和らいだ。

IMG-c_8113.JPG

 回覧板を持っていってから見ると、斜め隣の家がなくなって、我が家がこんな風に露出している。哀しい話だが、震災のときははるか遠くまで見渡せた・・そういう状況はまず生きている間には二度とないだろう。そんな複雑な心境だったが、それも現実である。

IMG-c_8115.JPG

 怪しい雲行き

IMG-c_8119.JPG

 南天か?

IMG-c_8124.JPG

 チビは今日も回復してきて、よかった・・

IMG-c_8126.JPG

 いつものように部屋の中をのぞく仕草も出てきた。

 


チビ回復と有馬記念 [日記]

 IMG_-c7984.JPG

 朝起きてちびを覗きに行ったら、昨日よりもはるかに元気になっていた。私の顔をペロリとひとなめしてくれた、ありがとうとお礼を言ってくれたような気がした。市販の食事を出すと、まだ少ない量だがたいらげた。餌の中に入れていた薬も飲んだようだ。

 少しほっとした・・油断はできないが、元気で何よりだ。

IMG_-c7976.JPG

 深夜に戻って来た息子が、金太郎が妻の肩に乗っておしゃべりしているのを見て、目が点になっていた。金太郎はまっしぐらに髪の毛に乗っかった。攻撃的ではなかったので、家の住人と理解したのだろうか?

IMG-c_7982.JPG

 研修会の泊まり組3名が出て行って、金太郎の出番だ。

 直ぐに和室のハンガーかけで遊ぶ。

 チビが回復してきたので、心置きなく有馬記念の予想をした。馬の耳に念仏

 今日はオフなので阪神競馬場に出かける。


チビがんばれ! [日記]

IMG_-c7909.JPG

 12月25日(金)の日記

金太郎がハンガーで遊んでいる。

IMG-c_7911.JPG

 金太郎がでんぐり返って遊んでいる。

IMG-c_7914.JPG

 最近は好奇心がでてきて、何でもどこにでも興味を持つ。

IMG-c_7915.JPG

 一昨日から嘔吐して調子が悪くなったチビを病院に連れて行く。前からよくなかった肝臓らしい。黄疸の症状が出ているので、検査してもらう。いったん戻り、夕方再度病院に行った。今日はクリスマスだが、たまたま何も用事がなくてよかった。

 検査の結果は・・あまりよくなかった。でもチビは高齢だが、生命力もあってたくましく生きてきたのである。点滴してもらって少し元気なチビを連れて帰る。肝臓のための食事フードとと薬をもらった。

IMG-c_7917.JPG

 病院で待っているときに颯爽と現われた・・サングラスの兄ちゃん

IMG-c_7922.JPG

 チビは黙々と生きている・・運命に逆らわないで淡々と、そして何かを悟ったような表情をすることもある。かと思うと不器用なので危なっかしいのである。アンバランスだが、ひたすらおとなしい。けなげである。

IMG_-c7961.JPG

12月26日(土曜)の日記

 金太郎が遊び場を増やした。いかにもダダッ子の表情だ。

IMG_-c7965.JPG

 電話のコピーもこの有様だ。

IMG_-c7971.JPG

 とうとうコピー用紙を破いてしまった。

IMG-c_7923.JPG

 今日は午前中、子ども土曜コースだった。

IMG-c_7924.JPG

 今年最後の将棋教室である。

 午後からは土曜教室だった。

 チビの薬とドッグフードを正月用の分を貰いに行く。今朝は少し食べたのだが病院で貰ってきた夕食は食べなかった。仕方なく毎朝やっていた市販のものを与えると、少し食べた。薬も無理やり飲ませる。やはりきつそうだ。

 先日買ったユタポンを入れて、チビの様子を見に行く。寒いので家に入れたやりたいのだが、イヤがるのだ。

 チビのことが気になって、落ち着かない年末になった・・チビがんばれ!

 


園田競馬 [競馬]

IMG-c_7674.JPG

 昨日は園田競馬に行く。JRAの交流戦がありアンカツさんや岩田騎手が来るのである。2800万円の賞金はJRAのG1などを見ていると安く感じるが、普段多いのは一着25万円、二着5万円、三着2万5千円、4着1万5千円、五着1万円なのである。園田競馬に通っていると、今日の賞金は破格の気がする?

 勝負の世界は賞金が高いほどいいのだが、まずはそのシステムの安定さがあってこそだろう。それその世界の厚みかもしれない。

IMG-c_7689.JPG

 5R一着⑨ドンスピリタス(木村健騎手) ⑨⑤⑪の3連単が当たったのだが配当が980円はつらかった。1,3,4番人気だったのだ。

IMG-c_7691.JPG

 今日は大きなレースがあるので入場者も多かった。但し競艇の開催がないのもあったらしい。私の子どもの頃に行った競輪場はいつも満員だった記憶がある。

IMG-c_7699.JPG

 珍しく第4コーナーに行って見た。

IMG-c_7700.JPG

IMG_-c7701.JPG

まさに疾走だ

IMG_-c7703.JPG

 ⑨⑤⑪ゴールに入る

IMG-c_7733.JPG

パドックで写真を撮るので、撮る場所を変える。角度が違うと馬の姿も異なって見える。

 

IMG_-c7734.JPG

 6Rも⑥タガノバロナーク⑪アビアシオン⑫ホクザンフリーダムの3連単を取った。今度も1270円だった。もっとも⑥⑪が堅いので馬連の感触だった。

IMG-c7735.JPG

 7Rは⑨センターグリッター④グッドリーズン⑤テイケイメルベイユ。これは⑨を紐に絞ったので失敗。

IMG-c_7741.JPG

 7Rが終わってからクリスマスミニ演奏が始まった。

IMG-c7755.JPG

 つかのまの憩いの時間、途中から人がいっぱい集まってきた。

IMG-c_7761.JPG

8Rは①クレバーチーコ⑪カープカチドキ⑨ジラファで3連単57280円だった。私は馬連ボックス①⑤⑥⑩⑪だったので取った。3930円だった。8番人気の⑪をねらって買ったのだが、馬単、3連単でないのが冴えない。

IMG_-c7780.JPG

 9R⑦芦毛のメイショウランマル

 次の10Rのパドックの場所確保のためにレースをみないでパドックに急ぐ。①メイブルビクトリア⑨ミヤサンスペクターと入り馬単で取ったが1350円の配当だった。

IMG-c_7786.JPG

 パドックを見るとアンカツさんが早めに来て、急ぎ足で待合所に入っていった。妻もあわてて写真を撮ったがお尻姿しか取れない。歩くのが早い。きっとせっかちなのだろう。

IMG-c_7796.JPG

10R「兵庫ゴールドトロフィー」⑨リミットスピリッド(木村健騎手)

IMG-c_7802.JPG

 ③ラヴェリータ(岩田康誠騎手)

IMG_-c7797.JPG

 ⑩トーセンブライト(安藤勝巳騎手)

IMG-c_7819.JPG

IMG_-c7814.JPG

IMG_-c7852.JPG

アンカツさん

IMG-c_7854.JPG

 大きなレースなので誘導も二頭いる

IMG_-c7856.JPG

 パドックにダ〇スポのSTさんが来られてびっくりした。「パドックの垣根越しに写真を撮っていると思いました。山崎さん惜しかったですね」さすがに読みが深い・・STさんは今日の前半のレース解説をされていた。

IMG-c_7862.JPG

IMG-c_7869.JPG

園田競馬のファンファーレ生演奏

IMG-c_7873.JPG

IMG-c_7875.JPG

 ぼやけてしまったが⑩トーセンブライト(安藤勝巳騎手)が見事な差しで優勝。馬連⑨⑩1670円を取った。

IMG_-c7787.JPG

 

IMG-c_7879.JPG

 10Rが終わり、最終レースを待たずに帰るが、バスが混んでいたので駅まで歩くことにした。

IMG-c_7880.JPG

 冬の夕暮れの柔らかい光線

IMG-c_7881.JPG

 住宅地の中に畑が残っている

IMG-c_7890.JPG

 おばあさんが手押し車で歩いている夕暮れ

IMG_-c7886.JPG

 冬独特の空と樹のシルエットが物悲しい

IMG-c_7892.JPG

 園田駅に着いた。ゆっくり歩いて20分くらいだった。

IMG-c_7899.JPG

 駅のホームから、日が沈む光景

IMG-c_7901.JPG

 隣の家のサンタクロース

IMG_-c7902.JPG

 金太郎の遊び場になってしまう。危ないので?衣類は引き払う。

IMG-c_7905.JPG

 歯でぶら下がっているのだ。足も粘り強くて?離さない。

 ☆12月22日に棋王戦の挑戦者決定戦で山崎七段が敗れて、佐藤康光九段の挑戦となった。最近は弟子の将棋をできるだけ見ないようにしているのだが、残念だった。でも王座戦挑戦と棋王戦の挑戦者決定戦出場は大きな積み重ねの実績となっているので、これからももうひと息、踏ん張って欲しいものだ。

 静かに?勝ちまくってほしい!

 


一門研究会、ディナーショー [日記]

IMG_-c7565.JPG

 昨日は(12月23日水、祝)午前中、一門研究会だった。10時開始で14名出席だった。いつもは夕方までだが、今日は昼過ぎまでの予定。安用寺六段、澤田四段が参加してくれた。以前は村山聖九段も来てくれたが、そのときに限ってビデオを撮っていなかったのが残念だ。

 旅の仙人、水津さんにもゲストで旅の話をしてもらった。

IMG-c_7564.JPG

 おおまかだが研究会で勝つと昇級のいいリズムに入るようだ。でも児玉七段が昔参加しているときは、研究会ではたいてい負けていたが、どんどん昇級していった例もある。勝ち負け重視、内容重視、練習重視など自分で取り組み方を工夫することだろうか。

IMG-c_7566.JPG

 一局目から安用寺六段と澤田四段の対戦だ。

IMG-c_7571.JPG

 澤田四段vs千田二段、前回は千田勝ちだったので、今日は負けられない澤田四段の表情?

IMG-c_7572.JPG

 安用寺六段vs西田三段

IMG-c_7578.JPG

 澤田四段は淡々と指すペースにシンの強さを感じる

IMG-c_7583.JPG

 温厚な人柄だが、将棋はわりと獰猛?らしい、西田三段。

IMG-c_7579.JPG

 千田二段

IMG-c_7587.JPG

 二位決定戦、安用寺六段vs石川1級

 ☆一門研究会の後は「ディナーショー」である。昨年から夜でなくて昼間に開いている。

IMG-c_7630.JPG

 安用寺孝功六段、親しみのある安用寺スマイル?貫禄と信頼感がにじみでている。

IMG-c_7623.JPG

 澤田真吾四段、今日もあやうい?ヘアースタイルである(それがいいのだ)貫禄をしめし研究会は優勝した。

IMG_-c7607.JPG

西田拓也三段、結果報告の電話で、低い声なので連敗かと思うと、「今日は連勝しました」常に冷静である。

IMG_-c7612.JPG

 独特の将棋を指す千田翔太二段、また将棋も!背も伸びた。

IMG_-c7619.JPG

 阪上善隆初段、家がいちばん近いのに(歩いて2分)いつも遅刻寸前で間に合わす。キメの甘さを直したい。

IMG-c_7621.JPG

 一年半前に徳島から出て来てひとり住まいの藤原結樹初段。

IMG-c_7608.JPG

 京都の大宮将棋センター(野間五段の教室)を手伝っている荒木隆初段。バランスのよい棋風だ。

IMG-c_7603.JPG

 三重から通っている石川優太1級。澤田四段に続けである。

IMG_-c7616.JPG

 島根から高速バスで通ってくる来海孝之3級。安定感はあるので、爆発力がほしい。

IMG_-c7599.JPG

 坪井祐二3級も、熊本からこの秋、意を決して大阪に出てきた。奮起してほしい。

IMG-c_7593.JPG

 棋風そのもので落ち着きがないのだが、センスは抜群の上田洋3級。

IMG_-c7601.JPG

 佐和田悠馬3級、サワダが同じ呼び名なのでときどき混乱する。伊丹子ども教室に通っていた。四枚落ちくらいから終盤で上手の私が逆転負けしていた?

IMG-c7595.JPG

今年、新入会の星田雅弘5級、森門下では珍しく?本格派の将棋だ。

IMG_-c7591.JPG

 今年、新入会の古郡国彦6級。すべての点でもっと自覚を持ちたい。

IMG-c7589.JPG

 ルンルンクイズコーナーである。

IMG_-c7636.JPG

 妻からのプレゼント?

IMG-c7645.JPG

 最後に庭に出て記念撮影だ。もちろんセルフタイマーである。やや斜めなのがいいのだ。今年を反省して、来年はみんな飛躍してほしい。

IMG_-c7662.JPG

 金太郎はこの手前の棒を(布をかぶせた)落とそうとしている。

IMG_-c7666.JPG

 羽づくろいをしている。

 

 

 


忘年会 [日記]

IMG-c_7531.JPG

 昨日(12月22日火曜)は午後から忘年会で鶴橋に行く。その前に関西将棋会館に寄って、「ピピアめふこども将棋大会」のちらしの補充をした。

 金太郎はこの洋服掛けの上に上るのが好きで、結局危ないので、コートなどは別の場所に移した。金太郎が我が家の生活のシズテムを変えていく?

IMG-c_7535.JPG

 このハンガーで遊ぶのが好きで、見ているとひとつひとつ落として遊んでいた。これはぶらさがって遊んでいるシーンだ。

IMG-c7537.JPG 

 こんな感じで落としていく。

IMG_-c7540.JPG

 関西将棋会館に寄ってから福島駅に戻る

IMG-c_7542.JPG

 鶴橋駅ガード下

IMG-c_7543.JPG

焼き肉の店がズラリと並んでいる

IMG-c_7544.JPG

 昼間は麻雀店に入る。今年は伊藤博文六段の完勝で、児玉孝一七段と私は完敗だった。私は昨年も完敗だった。昨年は麻雀店があいてなくて困ったが、今年は大丈夫だった。途中でお客も多くかったが、明日が祝日のせいもあったのだろう。

 客が多かったのも珍しい現象で、不況のまっただなかにあって、何かの変化を望んでいるのかもしれない。

 終わって焼き肉店に行く。少し並んだだけで入れた。店で待っている間にセルフタイマーで記念撮影だ。

IMG-c_7547.JPG

 児玉孝一七段、生ビールの横に日本酒を置いてあるのは、後で頼むのが苦手のせいで、奥ゆかしい児玉流である。児玉七段とは奨励会の同期でもう一緒に遊んだり、将棋を指したり(この順番だ)長い。

IMG-c_7548.JPG

 伊藤博文六段、同門ではないのだが、同門のような存在で、伊藤六段が奨励会に入ったときからの長い付き合いである。

IMG-c_7550.JPG

 焼き肉を食べ終えて、外でもセルフタイマーで撮る。

IMG-c_7551.JPG

 焼き肉通り?で忘年会のメンバーも客引きも多い。

IMG-c_7552.JPG

 独特の雰囲気だ

IMG-c_7553.JPG

 鶴橋の駅前

IMG_-c7556.JPG

 鶴橋の表通り、かって奈良に住んでいたころは、この辺をウロウロしていらしていた。いかがわしい映画館もあった。

IMG_-c7559.JPG

 いつもの喫茶店に入る。私は定跡通り?抹茶パフェーを注文した。後はぜんざいと何かのパフェーだった。完璧に甘党である。

IMG-c7561.JPG

 この後で三人ともコーヒーも注文した。