So-net無料ブログ作成
検索選択

子ども土曜コース [日記]

IMG-c_2727.JPG

 今日は午前中、子ども土曜コースだった。久し振りに私が指導対局から外れて、西田三段と藤原初段に任せた。全体を見回ってみたが、どうも集中できていないのと、全体にみんな棋力に不安がある?ようだ。

IMG-c_2733.JPG

 藤原初段の指導対局

IMG-c_2744.JPG

 I君の対局

 IMG-c_2742.JPG

 O君の対局スナップだが、なかなかいい。子ども達はひとりひとりだといい表情だが、揃うと崩れがちである?

IMG-c_2752.JPG

 O君の対局、真剣な表情がいい。

IMG-c_2741.JPG

 西田三段の指導対局

 子ども教室をやっていると、いろいろと課題を抱えるが、どうしたら将棋に集中できるか・・ほとんどがこの悩みだろうか。

 なかなか急には上達しないものなのだが、強くなる秘訣は地道な取り組みしかなさそうだ。根気よくコツコツと・・今の時代にはそぐわない面もあるが、だからこそやりがいがあるものだが・・技術的なものの上達のヒントを常に考えていきたいと思っている。

 午後は一般向けの土曜教室で、こちらも休みが多かったが、大人の場合もたいていは終盤力がポイントである。将棋には攻めと受けの他に手待ちというのがある。体制を築きなおして戦いに備える・・急がないでいいから攻めも受けも確実さが大切だ。

 終わって喫茶店に行く。

 夜は阪上初段と今日宿泊の西田三段で食事に行った。それから珍しくHIROにも連れて行く。

 帰宅すると金太郎が大はしゃぎで、将棋教室の日は我慢の日なので、反動だろうか。しきりに頭や肩に乗ってくる。

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大名草庵(おなざあん) [日記]

IMG_-c2580.JPG

 昨日は(10月30日金)丹波の青垣町にある「大名草庵」に行った。ちょうど一年前に、大名草庵が開店される前に団塊おやじさんに連れていってもらって以来で、なかなか行けなくてご無沙汰してしまっていた・・今回は安用寺六段の慰労を兼ねての蕎麦ツアーだった。

 参加者は団塊おやじさんご夫妻と、桑原しんいちさん、安用寺六段と川崎三段と妻と私の七名だった。三台の車で現地集合にした。中国道から舞鶴道の春日ICで乗り換え青垣で降りる。そこから紅葉で有名な高源寺を左手に観て、大名草の方に向かう。あまご村の方面に進むと大名草庵に着く。

 ちょうど13年前に弟子のハイキングで、あまご村に来たことがあって、(村は休日だったが)偶然のことだが、大名草庵の前の大名草陶芸の陶芸教室で弟子たちも含めて全員で、湯飲みを作ったことがあるのだ。増田、山崎、川崎、石高、和田、平田、のメンバーで安用寺君は欠席だった。

 この川のところで昼食の弁当を食べたのだが、そのときに弟子のためにお茶を買ってきたあとで、妻が土手から川に落ちた事件があった。私は橋の手前でスローモションのように落ちる妻に唖然として声がでなかった。弟子達はそれぞれに川遊びしていて、山崎君は寝転んでいて、かろうじて川崎君だけが手を差し伸べようとした・・目の前にいて救えなかったので、それ以来、私は危機のときの妻からの信用を失った・・他の弟子たちも冷たい・・現実がわかった?

IMG-c_2586.JPG

 当時は水車があった。昨年、大名草庵にきたときに運命の不思議さに驚いたのだった。

IMG-c_2589.JPG

 近くの畑でいっぱい見られる「さんざし」の種類らしい

IMG-c_2592.JPG

 大名草庵の入り口

IMG-c_2595.JPG

 大名草庵の蕎麦料理をいただく、蕎麦かりんとうと蕎麦茶

IMG-c_2602.JPG

暖炉の前に陣取る。まだ火はついていない。いい雰囲気で食事が出来るのも大名草庵のよさだ。

IMG-c_2607.JPG

 焼き鳥もおいしかった。微妙な焼き具合のようだ。

IMG-c_2608.JPG

 梅干入りの茶碗蒸し

IMG-c_2612.JPG

 季節の天ぷら 私はおいしく天ぷらを揚げるのが夢だ・・

IMG-c_2615.JPG

 日本昔話をしているようだが?

IMG-c_2619.JPG

 十割蕎麦をいただく。初めはお塩の味付けで、それからそばつゆで食べる。

IMG_-c2624.JPG

 大名草庵は初めての桑原さん、安用寺、川崎のメンバーで、神妙に?いただいている。大名草庵のご主人と奥様は気さくで楽しい。今日は団塊さんも大名草庵さんも私も頭髪薄体太情深メンバーである?(頭は薄いが体は太め情は深い)

 

IMG_-c2656.JPG

 大名草庵の周辺の風景

IMG-c_2628.JPG

 さば寿司をいただく。

IMG-c_2633.JPG

 お腹がいっぱいになってきたので、少し外に出て休憩する。秋の気配の濃い風景だ。

IMG-c_2634.JPG

 伸びをする安用寺六段と桑原さん。以前、堺の将棋教室でなじみなのだ。

IMG-c2642.JPG

 林が広がっている

 IMG-c2639.JPG

 今度はかも汁で蕎麦をいただく

IMG-c_2646.JPG

 刈り取っているのは小豆らしい

IMG-c_2651.JPG

 13年前に事件のあった川だが、堤防が高くなっていた。

IMG-c_2652.JPG

 川のそばで記念撮影、セルフタイマーを使う。

IMG-c_2665.JPG

 椅子の部屋に移って、ぜんざいをいただく。

IMG-c_2671.JPG

 このコーヒーカップは斜めにゆがんでいる。みんな無意識に真っ直ぐになおそうとするのが面白かった。有名な作家の作品とのことだった。

 IMG-c_2676.JPG

 秋の風景に日差しもやさしい

IMG-c_2705.JPG

 桑原さんにアルゼンチンフォルクローレのミニ演奏会を開いていただく。こんないまじかで聞けるのは滅多にない。桑原さんの魅力満載の、贅沢でうれしい時間だった。

IMG-c_2719.JPG

 帰りの前に全員で記念撮影、大名草庵のお二人も加わってもらった。これもセルフタイマーだ。

 ごちそう様でした。

 秋日和 蕎麦で深まる 大名草庵


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日向ぼっこ [日記]

IMG_-c2554.JPG

 朝早めに迎えに行って、ラッキーを病院に連れて行く。数日前に義母からの連絡で血尿が出たとのことだったが、膀胱炎でなくて炎症を起こしているようだ。

 ラッキーはすっかり元気になって体重も増えている。私が撫でると、そっと昔を思い出したような表情になる。

IMG_-c2562.JPG

 金太郎を日向ぼっこさせる。かなり嫌がっているのだが、日向ぼっこは重要なのだ。

 今日は昼前に歯科の予約をしていたのだが、直前まで覚えていたのに、どういう錯覚か行くのを忘れてしまった。何故いけなかったのか記憶が定かでないのだ・・スグにお詫びの電話を入れるが、私はもともと危なっかしいので電話口で苦笑された。

IMG_-c2571.JPG

 妻がチビの毛を漉くのだが、いやがって長く出来ない。こういうときは私の顔をなめて哀願の表情になる。

 金太郎は普段はほとんど妻にベッタリなのに、時々私にアプローチしてくるのだ。そういうときはたいていねらいがある?お腹がすいたときは私をつつく。目新しい場所に行きたいときは、私の肩や頭に乗ってご機嫌を取りに来る(末恐ろしい策士なのだ)ケージに戻りたくないときは、私の手をきつく握って離さない、食事のとき「出してくれ攻撃」があるのだが、ついつい目が合ってしまうのだ・・私の甘さを読まれているのだ・・

IMG-c_2574.JPG

 毎日少しづつ熟れてポッカリ割れたざくろを取っている。金太郎も私も大好物なのである。一緒に食べていると、私が鳥なのか、金太郎が人間なのかわからなくなりそうだ・・

 午後は宝塚に出かけて買い物をする。その後でガソリンを入れながら洗車も頼み、そばの喫茶店スワン?だったかな?に入る。

 帰宅して11月の子ども教室のテキスト作成にかかる。

 そういえば先日、小学館の月刊誌で小学五年生、六年生の休刊のニュースが飛び込んで来てビックリした。もう何年も前から、この二誌に私の詰め将棋を連載している。またさみしい話になった・・今はどの業界でも生存競争の厳しさの基準が違って来ているように思う。余裕がなさすぎてせちがらいムードが蔓延しているようだ・・しかし理屈でなくて、明日が怪しいのが現実である。

 よくわからないが?暮らしと政治や経済の(世の中の)バランスが大きく狂っているように思える。何と言ってもいちばんは税金の無駄使いだ・・弱者にきつい政治はコリゴリである。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大掃除 パート2 [日記]

IMG-c_2539.JPG

 ザクロの実 無心についばむ 金太郎

 今日は(10月28日水)早朝早起きして、紙、布のゴミ出しをする。本が20束くらい500冊くらいあって、台車を使って運ぶ。布も衣類が主力で8袋あった。フーフー言って運んだら、数分後に軽トラックが来てあっという間に本を積み込んだ。仕事が早いと感心する。

 そのときざくろが熟れて落ちそうだったので、摘み取った。そして金太郎と私で食べた・・金太郎もおいしそうについばむ。

IMG-c_2542.JPG

 ざくろのこの熟した真っ赤な色が魅力的だ。

 今日もほとんど大掃除で、二階のピアノの部屋が主力だった。掃除しても不燃ゴミがいっぱいで、ゴミ出しは来月初めになるので、それまでは何か落ち着かないものだ・・

 ピアノの下に私の中判カメラがあって、その横に「村山聖」に関する資料を保管している箱が積んであった。亡くなったときの記事から聖の青春の本や、貸し出していた写真などである。懐かしさに思わず見入ってしまう・・

 村山聖に関わることはすべて協力しよう・・亡くなったときからそう思った。もともと弟子のことで、どんなことであれ師匠の自分がでしゃばるのはいやだったのだが、そういう次元でなくて、村山聖のことをきちんと自然に世の中に伝えたい・・そんな気持ちだった。

 私は別段きれいごとで生きているわけでなく、ドロドロとした生身の自分がいて、自分の冴えなさと葛藤しながらも、人間としての針はできるだけ普通に、できれば真ん中においていたい・・そう思っている。

 どんな色にも染まりたくない、どんな色に染まっても自分を失いたくない・・そう心がけている(つもりだ)そう思いながらいつしか人生の坂道を転がり落ちていきたい・・のだ。

 生きていくというのは、自分と違う異質なもの(自分の方が異質かな)そりが合わないもの、価値観の違うものが入り混じっているもののようで、だからこそかすかでも似たようなところや、共鳴できるものがあれば、そのかほそい心根を大切にしていきたい。

IMG_-c2543.JPG

 妻のピアノの本棚から、弟子の俳句?が出てきた。昔は月に一回、弟子を呼んで、俳句や絵を書かせたり、ハイキングに行ったりしたものだ。それが残っていた。サア誰だろう?

 冬の風 冷たくしみる まねきねこ (SI君)

 山道で 客人見てる くりくり槙   (DK君)

 色づいた 木々のあいだに 鈴がなる (TH君)

 神社で なぜ売っている マツボックリ  (TY君)

 参道に うさぎ居並ぶ 年の暮れ  (ルンルン)

 枯れ枝よ 人の心は まゆの糸   (TA君)

 参道を のこのこ歩く 冬の朝  (モリノブ)

 カゼ引いて 居眠りころろ 冬の朝 (モリノブ)

 トロトロト 居眠りするる 荒神さん (モリノブ)

 冬休み 目覚まし六時 起きるの十時 (息子)

 他に湯のみ作りや、読書感想文を書かせたこともあったようだ。将棋と関係のないことをやっていた懐かしい時代である。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

園田競馬 [日記]

IMG-c_2239.JPG

 金太郎は首の裏のあたりを撫でられるのが大好きで、うっとりりしている。

IMG-c_2241.JPG

 受話器を落として素知らぬ振りをしているが、実は反応が気になっている。悪いとわかっていてもやりたいのか、受けていると勘違いかどうか微妙である。

IMG_-c2248.JPG

 今日は(10月27日)園田競馬に行く。ちょうど3Rからだった。4番スマイルオンリップ⇒9番メイショウシキブと入ったが連複で230円でトリガミだった。4頭ボックス連複を買っていた。

IMG-c_2251.JPG

 今日はいい天気で気持ちがいいせいか、客も多かった気がする。

IMG-c_2257.JPG

 IMG-c_2262.JPG

 立派な髭の引き馬さんです。

 4Rの一着

IMG_-c2269.JPG

 各競馬新聞が売ってある。私は門の前で競馬ニュース、妻は競馬キンキだ。

IMG_-c2270.JPG

 昼食はいつも別の店に入る。今日はあたり屋である。おでんと(いつも注文する)親子丼にした。妻はおでんと焼きそばである。

IMG-c_2274.JPG

 場外の椅子席の上のテレビに鳩がいた。あとで三匹になり飛んでいった。

IMG-c_2299.JPG

 5Rファーストトライ競争で、サラ二才なので初々しい。⑥リュウノバヒュームだが、強そうな名前のわりに金太郎のような?甘えぶりだ。

IMG-c_2326.JPG

6Rの⑦プアケニケニ、変わった名前だが、2人引きでやんちゃそうだ。

IMG-c_2349.JPG

⑧スマートカンパニー、騎手が乗ってダダをこねています。五着だった。

IMG-c_2353.JPG

 6Rの一着⑩タナカラボタモチ、二着は⑫メイショウホオズキで三着は⑨シルクマニューバだった。

IMG-c_2389.JPG

IMG-c_2411.JPG

7Rの一着は⑥メイショウサルーバだった。

IMG-c_2418.JPG

8R一着の⑥タガノブリガデイロ

 8Rからパドック解説がり、今日の担当はダイスポのSTさんだった。園田競馬のときは前日に夕刊紙のダイスポ(大阪スポーツ)当日は朝刊のサンスポ、現地で専門紙の競馬ニュースと3紙を買って比較検討する。さあ今日の予想はどれがいいのか・・STさんの予想は穴気味のねらいのようだが、今日は堅実な流れである?

IMG-c_2436.JPG

パドックで馬を見る。馬を観に来ている面もあるので、この雰囲気がいい。何だか弟子達が歩いているようにも見える?

IMG-c_2445.JPG

④クレバーチーコ パドックで隣の若い人が「4番いいですね。体が自然でやわらかいなあ・・」それが耳に残って馬連で買った。二着に入る。少しついた。

IMG-c_2454.JPG

 ホワイトルームからの展望

IMG-c_2468.JPG

 9R一着⑫オウハ

IMG-c_2481.JPG

 9R⑫オウハぶっちぎりの一着だ。

IMG_-c2493.JPG

 10Rの一着⑩マジックトゥラブ

IMG-c_2519.JPG

 10Rはサラ特別1230メートル、スタートして砂埃にまみれる馬群、園田の場合は割と堅いレースが多いので、スタートが大きいように思う。

IMG-c_2521.JPG

 10Rは一着⑩マジックトゥラブ二着⑨ニシネサンデー③アオイフェアリーだった。

IMG-c_2531.JPG

 11Rのパドックを観て、馬券を買って帰る。

IMG-c_2537.JPG

清荒神駅の夕景。

 11Rで買っていた3連単が入って9000円以上ついたみたいだ。一着⑩まさのガーデラン、二着⑨ロケットガールで三着に⑪ドンブレイカーである。今日の園田の収支は少し勝ちだった。配当に惑わされないで、やはり冷静に買わないといけない。

 夕方から夜にかけて、本と衣類のゴミ出しの準備をする。まだまだ片付かないが、少し前進した。二階のピアノの部屋のクローゼットの中を片付ける。

 大掃除をしていうろ、何だか自分の背負っているものが少し軽くなったような気分になるが、捨てるという作業は大切なのだろう。

 あきらめの境地と心機一転のこころが混ざり合って、惰性から現実の日々の暮らしを合理化する・・屁理屈をいうとこういうことだろうか。

 私は多分自分の好きなことしかやっていないような日々だが、これは世の中へのしがらみの未練度が低くなってきているせいもあるだろうか。要するに面倒くささが全開に近いモードなのだ。そしてどこかで怖さを知り疑いながら自省や自制しながらも、手を離していくような感触である。そして時間を大切にする想いである。

 旅の仙人、水津さんは、ふと考えると、いちばん仙人でない普通の暮らしをしていた面もあった。普通に考えて自然に生きていた・・そんな呑気さと真面目さと図太さがあったように思う。大掃除はまだまだ続きそうだ・・


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大掃除 [日記]

IMG_-c2224.JPG

 電話台に乗っている金太郎、受話器を落とすので、布をかぶせているが、お構いなく遊んでいる。ファックスの蓋とともに転がり落ちることもあるのだが懲りないのである。何度も何度も落とす。

IMG-c_2232.JPG

 妻のパソコンの上は好きな場所らしくて、止まり木のようである。そこへ私の食べたアイスキャンディの棒をかじっている。数分後粉々に砕いてしまった。

IMG-c_2234.JPG

 今日も朝から大掃除で、大まかには本の処分と衣類の整理である。二階の息子の部屋を重点に掃除した。途中で私の壊れかけた本棚が崩れてしまう。それでコーナンにスチールの丈夫な棚を買ってくることにした。

 それにしてもいらないものが何と多いことか・・リビングも掃除しているが、キリがない・・そもそもは金太郎と暮らすようになって、リビングのものを片付けないと危ないのが発端である。金太郎は飛ぶのですぐに何でもみつけてしまうのだ。それでかじる。

 ガスを使っているときでも妻の頭や肩に乗っかって、平然としているのだ。それがひとたびお客さんが来ると、見事に貝になる・・凍ってしまう。「金ちゃん」と言っても返事もしないで直立不動である。お客さんがいなくなると、また飛び回ってかじりまわる。

 コーナンの隣にラッキーというスーパーがあって、私のお気に入りである。ついつい立ち寄ってあれこれと買ってしまうのだ。

IMG-c_2236.JPG

 私たちの夕食のとき金太郎はケージに入ったままで、どうしても外にでたいので、敷いてある新聞紙を足で蹴り続ける・・金太郎の出たい出たい攻撃開始である。これがしつこいのだ。私はすぐに降参しそうになるが、妻に言わすと、知らん振りをしないとますます?わがままになるそうだ。

 またあらゆる手段や声色を使ってアピールするのだった。脅したり奇声を発したり、懇願したり・・涙ぐましい努力をするのだ。しかし突如あきらめて何事もなかったかのように餌を食べ始めたりするのも金太郎である。

 掃除はまだまだ宿題が残っている。ものの半分は捨てる、この目標を立ててしばらく取り組もう・・しかし明日は真面目な生活の限界だ・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

菊花賞予想と結果 [日記]

 菊花賞予想です。

 馬の耳に念仏

☆ブログ更新での予想は昼過ぎで、日記は深夜に再度更新しました。

IMG-c_2086.JPG

 今日は午前中、伊丹子ども日曜コースだった。また家では一門研究会が開かれていた。14名参加だった。

 IMG-c_2121.JPG

 帰宅して昼食の後で、阪神競馬場に行き、場外馬券を買う。

IMG-c_2185.JPG

 この菊花賞の予想をしてからだが、結果は一着①スリーロールス、二着③フォッゲタブル、三着⑫セイウンワンダーだった。予想はほぼ的中なのだが、何故かその馬券がない。①と③の軸で買ったのだが、①③を買うのを忘れている。

IMG-c_2209.JPG

 正確にいうとメモには①③の馬連も書いてあったのだが、消したのだ。だから自分のミスである。妻は血統からの分析で「この2頭を買わずして・・」読み筋が当たり見事的中した。

 馬券に関して妻も私も、いつもお互いに何を買ったのかは無関心なのである?終わってびっくりの(呆れる?)パターンが多い。

 私がいくら惜しかったことを説明しても、実力不足、勉強不足を指摘されるのだった。私は各スポーツ紙を見ての横着な選択と、カンの悪い馬券買いなので、妻のいうことは的を得ているので耳が痛い・・

IMG-c2220.JPG

 昨日も研究会と特訓コース、今日も一門研究会で、金太郎は外に出られないどころか、ときどき人数に圧倒されて凍っていた。弟子がみんな帰ると、ほっとしたのか、急に声が出始めてこんな感じでいたずらが始まった。

 追記 10月26日8:25

 昨日の菊花賞は①スリーロールスが見事な勝利だった。この馬は各誌のなかでも実力アップと好枠で通の中では?本命視されていたようだ。私は届かないにしてもいい線をいく期待はしていた。むしろ③フォッゲッタブルのほうが買い目でわりと売れていたようだ。こちらも好調が伝えられていた。

 セイウンワンダーは絡みそうな気配がある馬で、予想の最後にあなどれない馬で気になる存在だった。ナカヤマフェスタもそうだがこちらは届かなかった。

 逃げていたリーチザクラウンは、ここまで逃げたら勝ってほしかった。先に走らないと気がすまない馬のようで、実力と結果がかみあっていないらしい。イコピコはやはり実力馬で差し込んできた。アンライバルドはパドックでも落ち着きがなくて不安?だったが、運もなかった。こういう馬は次に勝つことがある。

 競馬の予想と結果は後でなるほどと思うヒントがあって、情報の多い中でどれが客観性があるのかを判断するのが難しいのだろうなあ・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

奨励会、研究会、特訓コース [日記]

IMG-c_2051.JPG

 今日は奨励会の例会で、土曜研究会でもあった。また土曜特訓コースでもあり、将棋漬けである。金太郎も朝の内しか遊べない。

IMG-c_2061.JPG

 詰め将棋を作っていると、あっという間に玉をかっさらって行った。駒は木なので噛む感触がいいのである。

IMG-c_2066.JPG

 庭のざくろも真っ赤にわれ始めたので、何個か取った。割れすぎると落ちてしまうのだ。

IMG-c_2070.JPG

 ざくろの実の粒はきれいだ。

IMG-c_2072.JPG

 金太郎は研究会と特訓コースがあるので、ケージを移す。

IMG_-c2074.JPG

IMG_-c2080.JPG

 特訓教室、今日は四面指しで3コースあった。6時間みっちり指す。70局くらいは指しただろうか?

 研究会が終わって、平松君と吉村君が残る。明日は研修会で泊まりである。今日は奨励会でもあり、棋譜並べ組みが残る。宿白はのべ5名になった。

 奨励会の一門の成績は全体に芳しくなかったようだ。特に初段陣は総崩れである。結果をみれば頭を抱えたくなる・・将棋は長丁場だが、日々どういうペースで精進していくか・・それそれの大きな課題を背負っている。

 弟子の成績が悪くとも、自分があれこれペースを変えられないのだ。みんな踏ん張りどころである・・他に言いようがない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

源さん一周忌 [アルバム]

CIMG-z1090.JPG

 源さんが亡くなって一年が経った。昨年の10月24日0時15分だ。源さんがいたときは、毎日こんな感じだった。

 ☆今日の写真は全部ルンルン撮影です。

CIMG-c7409.JPG

 源さんは将棋盤の上が自分の拠点と思っていた。何かあるとピョコンと座る。私が詰め将棋を作り始めると、スグに走ってやってきた。それで邪魔をするのだった・・

CIMG-a0032 (1).JPG

 寝ていても源さんはそばにいた。ときどき耳をかじられる。

CIMG-s2213.JPG

 トビオと源さんは仲はよくなかったが、源さんがこんな風にしていた。トビオが近づくと、源さんはヒューと風を切るように怒って威嚇する。

CIMG-a0506.JPG

  源さんはいつも一緒だ。

CIMG-x0264.JPG

 トビオがいるので近寄れない源さん。

CIMG-c2816.JPG

 数少ない源さんの散歩。もっとあちこちいけばよかった・・

CIMG-c2819.JPG

 源さんは何処へ行っても人気者だ

CIMG-s2784.JPG

 珍しい光景

CIMG-s2787.JPG

 このポストの写真が強烈だった。源さんは鳩なのに飛ばない、飛べない・・でも心の中では飛んでいるのだ。

CIMG-s2791.JPG

 近所の人が、源さんを観に集まってきた。

 源さんの写真はいっぱいあるが、つらくなって更新が遅れてしまう・・

 源さん思い出アルバム

 10月23日の日記

 今日は一日大掃除をした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

宍粟市に行く [日記]

IMG-c_1923.JPG

 今日は(10月22日木)オフなので遠出したかったが、金太郎がいるのでどうしても持ち時間が少なくなる。遅く出て早く帰るパターンだ。

 中国道を走り、山崎ICで降りて宍粟市方面に行く。たいてい以前に何度か走っているのだが、たいてい忘れている・・加西SAで早めの昼食にする。平日も少し割引があるが土日とは全然違う。もったいないがしょうがない。

IMG_-c1928.JPG

 道の駅「みなみ波賀」で休憩

IMG-c_1929.JPG

 大相撲のようなのぼり?

IMG_-c1934.JPG

 棚田を観にいったが、道が狭い。時期が過ぎているのだが、この自然の風景と雰囲気は中国の少数民族の住んでいるところのようだ。

IMG-c_1942.JPG

 棚田が見える

 IMG-c_1946.JPG

道の駅「波賀」だが定休日だった。大きなりんごの模型

IMG_-c1953.JPG

 途中で見つけた「原観光りんご園」に入る。500円也を払ってたべ放題だが、あまり食べられるものではない・・それでも私は7、8個くらい?お土産のりんごを摘むのが楽しかった。(もちろん有料)

 

IMG-c_1951.JPG

 りんご園は、昔、青森の黒石で行ったことがある。思ったよりも大きなりんご園で季節や日によって取れるエリアが違うみたいだ。

IMG-c_1952.JPG

 人なつっこい犬

IMG-c_1965.JPG

 りんごを食べるときは、摘んでからフォークを使うとすぐに切れる。どれを食べようか迷う・・

IMG-c_1986.JPG

 これは「ふじ」で今はまだ甘くない?

IMG-c_1978.JPG

 こちらが王林で甘かった。梨の様だ?

IMG_-c1975.JPG

IMG_-c2013.JPG

 りんごがいっぱい樹になっている。

 早めに帰ることにした。いつもは混雑する宝塚トンネルあたりも、高速は夕方までなら割とスンナリ走れる。珍しく休憩しないで帰った。

IMG-c_2039.JPG

 金太郎は留守番だった。今日は竹内三段の来る日だったが、どうだっただろう?

IMG-c_2044.JPG

 りんごをいっぱい食べたせいか、夕食はシチューだけにした。金太郎はペレットを食べなくて、流動食を少しと野菜、果物の他に大豆やピーナッツなどだが、以前よりも体重が減っている金太郎は多分お腹が減って食べたいのだが、好き嫌いもあって、なかなか調整できていない・・

 ケージに入れて放って置くと、お腹がすくと仕方なくという渋い表情であれこれ食べている。お腹が空くと私の手を咬んでアピールする。そしてお腹がいっぱいでイヤなときは、口をいっぱい開けて大きな声で鳴く。

 夜、ケージでひとりでいるのも慣れてきたようだ。しかし21時が過ぎて小さなケージに移して寝さそうとすると抵抗する。私の手を甘噛みしたり、ケージのふたにしがみついたりである。

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog