So-net無料ブログ作成
検索選択

ピピアめふ子ども将棋入門教室 [将棋]

 IMG_-c4871.JPG

 今日は「ピピアめふ子ども将棋入門教室」だった。午前が10:00から12:00で。午後が13:00から15:00までの2コースだ。入門の参加者は定員ワクを超えて各コース24名、うれしい悲鳴だった。手伝いは西田三段、千田二段、阪上初段である。

 内容は①入門コース大盤による解説コーナー②実戦の体験コーナー③8名によるミニトーナメント(勝負がつかないと判定かジャンケン)④お楽しみコーナーだった。

 全く将棋を指せない子も数人いたようだが、2時間で覚える超特急の教室、将棋大会に参加もあるのだ。講義して覚えるのでなくて、将棋を指しながら将棋を覚える方法を取る。(果たして子ども達の反応はどうだろうか?)

 ③ミニ大会で負けた子は指導対局をする。平手で教えながらである。要するに流れや勢いで将棋になじんで覚える、それがねらいだ。(たまに退屈する子もいるが・・根比べだ)

 ②のときに詰め将棋の一手詰めを教えて、すぐに大盤の前で全員に問題を出して解いてもらった。子どもは前の子の問題を見ながら待つせいか、何となく解けるのである。(これは効果があると思う?!)子どもはカンがいいのでわからなくとも理解する?

IMG_-c4878.JPG

 指導風景である。初心者と思えない駒組みだが、教えれば出来ているのだ。(しかしもちろん実力はこれから)何もかもは教えられないから、忘れてもいいので平手がよい。次に機会があれば駒落ちだ。

IMG-c_4869.JPG

 ミニトーナメントで、決着がつかないので判定の瞬間。形勢によってはジャンケンだ。初めに強く言ってあるので、口惜しくともみんな納得だ。(大駒二枚くらい損をしていると判定)

IMG-c_4889.JPG

 表彰式だが深々と頭を下げてうれしそうだ。(たいてい大会で優勝は始めてだろう。8名のトーナメントなので優勝は3名でる)

 午前中が終わって、午後からもほぼ同じ内容で実施する。子ども相手に4時間たっぷり将棋漬けはさすがにくたびれたが、終わってほっとひと息つく。(明日もある)帰宅して1時間くらいダウンする。(居眠り)

IMG-c_4906.JPG

 終わって阪上初段、西田三段と焼肉食べ放題(2時間内)の夕食だが、注文しすぎて苦戦した。何とかこなしたが、もうしばらく焼肉はイヤかなあ。(決してよくばりで注文したわけでなくて、お腹が空いていたのだ)

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

特訓日と安用寺、川崎来訪 [日記]

IMG_-c4838.JPG

 今日も受験者特訓日で二名参加だった。と言っても宿泊組のH君とF君である。朝はふたりとも毎朝5時に起きますと言っていたが?私も遅かったせいか7時半過ぎだった。

 朝食の後は昨日の続きで勉強だ。10:00から私が二面指しの指導をした。指しながらあれこれと考えが浮かんでくるが、アドバイスは難しい。頭で考えるのでなくて、からだ全体で感じ取るものなのかもしれない。技術や精神を超えるような本能的なものが大切なのだろう。気迫とか根性とか執念とか言葉にすると違和感がある。

 うわべの言葉はあまり意味がない。言葉は代わりのものだから、言葉でなくて感じ取るニュアンスなのである。そして私の言葉は全く伝わらないことが多いのである・・伝わらない方がいいときもあるが・・

 午後から明日と明後日の「ピピアめふ子ども将棋入門教室」打ち合わせに行く。午前と午後の2回で計4コース行なうが、定員を超えて各24名満員(全部で96名)となってうれしい悲鳴である。昨年も行なっているのだが、毎回あれこれと悩むのである。全力を尽くすのみである。

IMG-c_4841.JPG

 自由勉強に来ていた阪上初段にも指導を頼んだ。以心伝心である?

IMG-c_4844.JPG

 特訓が終わり解散した。今度は8月だ。

 18:00に安用寺六段と川崎三段がやってきた。すぐに「てん川」に行き夕食だ。三人はチーズカレーうどん、私はカツカレーうどんを注文した。

IMG_-c4848.JPG

 安用寺六段はてん川は初めてで、洪水のようなカレー攻撃を受けた。

IMG-c_4845.JPG

 川崎君は2度目でびくともしない。余裕である。

 食後はHIROに行く。あれこれと話題があって、時間が足りないくらいだ。

IMG-c_4853.JPG

 帰宅して、我が家の中国の人形を、川崎三段が器用にこなし、まるで人形劇である。トビオは耳も遠く目もあまり見えないので、知らんふりだ。

IMG-c_4858.JPG

 競馬談義の後で、怪談話となった。

 夜遅くまで話し込んだが、23;00過ぎに解散する。その後でDVDを返しに行って一日が終わった。

 山崎七段の王座戦挑戦のお祝いコメントがいっぱいあって、期待の大きさがうかがえる・・コメントの返事が遅れてすみません。弟子のこういううれしい出来事がいっぱいあってほしいものだ。いいリズムを大切にしたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

夏休み受験者特訓日 [日記]

IMG-c_4515.JPG

 今日は2回目の受験者特訓の日で4名参加で、上田3級が手伝いだった。私がじかに指すようになったのは数年前からだ。それまでは弟子同士に任せていた。指さないほうがいい場合もあるし、けっこう悩ましいのだが、今はあまり深く考えないでやっている。

IMG-c_4534.JPG

 昨日の山崎七段の王座戦挑戦は、私も気持ちの上ですごく救われる思いだった。やはり弟子の勝ち星が心身ともに薬になるのだ。頭の重みが取れて、肩こりも治ったような感触である。

IMG-c_4545.JPG

 動物は癒される。何故だろう?みえみえの損得勘定や食に対する本能はすさまじいが、何か許せるものがある。それが人間の卑しさと違うところだろうか。私は自分が人間よりもはるかに動物に近いものを持っているのを感じるのだった。

IMG-c_4555.JPG

水辺の大きな動物はやや苦手である。

IMG-c_4558.JPG

 ラクダの目がかわいい

IMG-c_4561.JPG

 サイは真っ直ぐなものがある。

IMG-c_4568.JPG

 

IMG_-c4837.JPG

 サファリ?ではなくて、泊まりの受験組だ。サファリの動物達と似たような感じである・・初めての宿泊だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

山崎七段、王座戦挑戦者に! [日記]

IMG-c_4446.JPG

 今日は姫路セントラルパークに行く。動物に会いに行くためだが、写真をアップしていると眠くなった。これが最近の傾向で、朝に日記を更新するパターンである。しかし今日は眠いながらも非常にうれしいことがあったので、更新した。

 山崎隆之七段が王座戦の挑戦者になった!

 今日の対局で中川大輔七段に勝ちだが、途中までは苦しい将棋で負けかなあと思った局面が続いた。このあたりをひっくり返したのが今期の山崎七段の充実ぶりかもしれない。羽生王座への挑戦は大いに楽しみである。

 大きな飛躍のきっかけとなってほしいものだ。

IMG-c_4450.JPG

 

IMG-c_4456.JPG

IMG-c_4473.JPG

IMG-c_4480.JPG

IMG-c_4491.JPG

 


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

三木ホースランドパーク [日記]

 IMG-c_4305.JPG

 昨日(7月26日)は午前中、伊丹子ども日曜コースだった。夏休みに入って初めての伊丹コースだ。まだ梅雨の時期で夏休みという感じがしない。

IMG-c_4317.JPG

 今日は自宅で「一門研究会」もあった。13名で少し少なめだったが、大石四段、澤田四段も参加で活気づいているのはうれしいことだ。ここ数年ではもっとも充実のメンバーかもしれない。

 数年前の危なっかしい?弟子達の時代を考えると変わったなあと思う。今は竹内三段、西田三段、千田二段が一門の奨励会の中心で、初段陣が年齢的にも勝負どころである。奨励会試験もそうだが、気持ちが休まらないのはしょうがないのである。

 こういうときは気分転換?に限る。三木ホースランドに馬に会いに行くことにしたのだった。

IMG_-c4327.JPG

 馬がいた!今は馬が見られるだけでもうれしい。

IMG-c_4333.JPG

 子ども対象のポニーの乗馬。うれしいやら怖いやらの表情がいい。

IMG-c_4340.JPG

 厩舎を見学できるのもよかった。

IMG_-c4382.JPG

 馬の首の長さに感動する。

IMG-c_4348.JPG

 モノクロトーンの馬のシルエットは味がある

IMG-c_4357.JPG

 デジカメにいっぱいの馬全身のカット、ギリギリだが入った。

IMG_-c4352.JPG

 柵の一箇所だけ顔を出せる。ニョキッと出してくる。

IMG-c_4367.JPG

 乗馬のために厩舎を出るようだ。あらためてまじかで見ると大きい・・

IMG-c_4372.JPG

 顔を出して愛嬌を振りまく

IMG-c_4386.JPG

 ゆっくりいこうよ?

IMG-c_4396.JPG

ややするどい目つき

IMG_-c4375.JPG

 引き馬をしてみたくなる

IMG-c_4408.JPG

 厩舎を出ると、馬車が待っていた。さっそく乗ることにした。

IMG-c_4413.JPG

 ときどき小さいながらもしっかりとムチを使っていた。馬車のうえは少し揺れるが心地よいものだ。

IMG_-c4427.JPG

 乗馬教室のコーナー

IMG-c_4431.JPG

 厩舎から首を出す

 三木ホースランドから三木探索と思ったが、すでに4時を過ぎていたので帰宅する。高速の宝塚トンネルあたりで10キロの渋滞だった。

IMG-c_4434.JPG

 帰宅すると本戦は終わっていて、千田二段優勝、二位大石四段、三位が澤田四段だった。写真は十秒将棋トーナメントのシーンだ。こちらは竹内三段が優勝だった。決勝の西田三段は本戦も4位で賞金なし(どちらも賞金1歩手前)で苦笑いである。

 今まで気がつかなかったが?、知らない間に弟子が成長しているのに驚いたが、それでもまだまだなのである。切磋琢磨してほしいと願うばかりだ。

 Y君とご両親が来て話をする。

 終わってから夕食に行く。バーミヤンにした。大好きな天津飯、ギョーザ、酢豚と注文してやや食べ過ぎた。

 帰宅してDVDの中国映画「胡同の理髪師」を見る。すこしさみしい映画だったが、時代の変遷の現実だろうか。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

土曜教室 [将棋教室]

IMG-c_4294.JPG

 今日は午前中、子ども土曜コースだった。突然の雨で傘を持っていなかった子や、持っていても吹きなぶりでビショビショの子もいた。何だか将棋の内容を表しているような?準備不足である。

 私自身はやや低調気味で、バイオリズムがよくない日々である。こういうときは気分も重い。何とかだましだましこなすしかないのである。自分の力が入っている割に思うように進んでいかないことが多い。こういうときは形勢判断のミスかもしれない。自分の内面を充実させる栄養素が足りないのだろうか。しかし世の中はうまくいかないことが当たり前で、淡々とこなしていくことが大切なのである。意味なぞを問う意味はない・・そう自分を励ますのだった。

 午後からは土曜教室だった。

IMG-c_4303.JPG

 教室が終わってから喫茶キヨに行く。

 夕食の後でHIROに行く。何となく疲れてしまったので、明日の競馬の予想をする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

文部科学大臣杯小中学校団体戦 [日記]

IMG_-c4282.JPG

 今日は昼前から大阪に出る。清荒神駅のホームで電車を待つ。見慣れた風景だが、日記として残しておくと変貌がわかる。世の中の移り変わりと自分の暮らしの変化、そのバランスが微妙に違ってくるのが歳月だろうか。少しずつだが分かれ道の選択があって、何がしかの決断をしている。

IMG-c_4283.JPG

 大阪環状線の弁天町で降りる。藤原六段とばったり会った。私は反対の出口に行こうとしていたようだ。ここは以前に何度か来たことがあるのだが、迷ってしまう。案内所で聞いてベイタワーがわかった。

 会場に着くと、ちょうど予選が終わって昼食のときだったようだ。外で座り込んで泣き崩れている子がいた。ふと糸谷五段の子どもの頃のことを思い出した。小学生名人戦西地区大会のベスト4くらいで負けると、場所もお構いなくお父さんの足を蹴って泣いていた・・ものである。

IMG-c_4287.JPG

 控え室で休憩して待つ。指導は小林健二九段、畠山成幸七段、藤原直哉六段、青木清六段、阪口悟四段と私のメンバーだった。こういう場所は久し振りである。

IMG-c_4288.JPG

 指導対局風景

 三面指しで角落ちから八枚落ちまで様々だった。全部で100名近く指導対局希望者がいたそうだ。知り合いの人がおられて挨拶を交わす。私は普段から子どもの指導ばかりしているので、どの将棋も興味がある。素早くクセを見抜いてアドバイスしたくなるのが習慣になっている。全体にもう少し粘り強さがほしいと思った。

 同じ学校で3名の団体戦は集めるのが意外に大変なのである。個人戦とは違ったよさがある。

 福井のY君、T君の学校はベスト4に残ったようだ。その後も勝って、決勝大会に進出した。名人戦の解説でも福井に行ったよしみもあり、いい結果が出て我がことのようにうれしい。ここまでくれば決勝大会も健闘を祈りたい。

IMG-c_4292.JPG

  隣の小林九段の指導風景だ。

IMG_-c4293.JPG

 帰りはもと来たコースを通る。こういう高い天井、吹き抜けはやや苦手である。歩くコースが長いのでどちらかいうと元気印の建築なのである。からだの弱いものにやさしくないと思うのだが、偏見だろうか?

 今日も書店で本を買った。「筆に限りなし 城山三郎伝」加藤仁著である。時間が少ない暮らしだからこそ、よけいに読書しないとだめなような気がしている・・自分の行動パターンが固定化してくるのはまずい。

  しかし困ったことに単行本を電車の中で読み出すと、ウトウトしてしまうのだ。ついついスポーツ紙の予想欄ばかり見ているクセがでる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

対局負け [日記]

IMG_-c4274.JPG

 昨日は対局で、浦野七段戦で完敗だった。受けに回ってしまう憂鬱な展開になってしまった。

 勝てば隣で対局の小阪七段vs糸谷五段の勝者とだったので、負けて少しほっとした?糸谷五段は苦戦だが終盤で怪しい?粘りで逆転勝ちしたようだった。

 終わって浦野七段、東七段、野間五段と食事に行く。

IMG_-c4276.JPG

 梅雨時はチビは居場所が少なくて大変である。わりと濡れても平気なようだが、やはりつまらなさそうだ。朝食の後のチビ。

IMG-c_4278.JPG

 帰宅して夕食の後でT整形外科に行く。駐車場でみかけた雲である。

IMG_-c4279.JPG

 まだ小雨模様で、地面も濡れている。

IMG_-c4280.JPG

 HIROに着いたころにはこんな風な夜空になっていた。

Scan1-c0004.JPG

 怪童戦のちらしである。掲示板や写真日記にも掲載した。

 帰宅して「アイズ」を見る。怖い映画かと思っていたら、やや哀しい映画だった。DVDは四本借りているのでまだ2本ある。

 対局で関西将棋会館に行ったときに、今年の奨励会試験の申し込み書を渡した。今年は7名受験である。もうすでに残り1ヶ月もないのだが、最善を尽くしたい。それぞれに最善を尽くしてほしい。

 昨日、書店で「李昌鎬物語」を買った。韓国の囲碁棋士である。前から興味を持っていた。

「世界最高の勝負師、李昌鎬(イーチャンホー)。世の中がスピード争いにやっきになっている時、ひとり手厚くゆっくりとした足取りで世界を制し、謙虚でもカリマスになり得るという新たな事実を示した異質な存在。彼は、囲碁の神様がこの時代に与えたヒントだ」本の初めの文章だ。

 囲碁の世界は、しかしすでにこの天才李昌鎬(イーチャンホー)ですらトップの座を脅かされているらしい・・


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

弟子の特訓日 [日記]

IMG_-c4272.JPG

 今日は奨励会受験のH君とM君の特訓日だった。10:00から休憩を挟んで16;00すぎまでみっちり将棋を指した。効果があるかどうかは今後の本人次第かもしれない。

 毎年この時期は何らかの手立てを講じるのだが、自分がエネルギーを注ぐだけでは自己満足になってしまうので、危うさと徒労の部分が大きい。まあこれが昔からの自分のスタイルなのである。もしも無駄がなく、ソツがなく、実り有るものばかりなら、きっと私は手を出さないだろう。

IMG-c_4273.JPG

 夕食後はT整形外科に行って、その後でHIROに行く。バネ指は最終段階で粘り腰にあっている。どうしようもない状態ではないので、かえってかすかなジャブ攻撃にあっているようだ。

 妻の希望で久し振りにtutayaに行ってDVDを借りた。今まで「エクソシスト」を観ていたのだが、仕事中の私もチラリチラリ怖いもの見たさに画面を覗くのだった。

 昨日いよいよ衆議院解散でようやく総選挙である。最近は新聞の社会面もつらいニュースが多いので気持ちが沈んでしまう。知らない方がいいことばかりかもしれないし、直視しないといけないこともあるのだろうが・・

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

園田競馬に行く [日記]

 IMG_-c4015.JPG

 昨日は久し振りのオフで、園田競馬に行った。昨日からの雨で不良馬場である。第1レース1着の7番タモラー、落ち着いている。

IMG-c_4023.JPG

  7番タモラーの粘りこみ、不良馬場なので先行が有利か?

IMG-c_4040.JPG

 2レース1着8番リーガルラッシュ、気合が入っているので前の馬をせかしているようだ。

IMG-c_4044.JPG

 第2レース8番は3番手にいるドロドロのパドックだ。

IMG_-c4057.JPG

第3レース1着11番カーネリアン、1番人気だった。

IMG-c_4064.JPG

IMG-c_4071.JPG

 第4レース1着4番クリーンナップ、これも1番人気だ。少し甘えた仕草も余裕に見るのが不思議だ。

IMG-c_4103.JPG

 今日もホワイトルーム(招待席)で観戦する。次第に観客が増えてきた。

IMG-c_4090.JPG

IMG-c_4133.JPG

IMG-c_4136.JPG

IMG-c_4146.JPG

IMG-c_4154.JPG

IMG-c_4228.JPG

IMG-c_4164.JPG

IMG-c_4174.JPG

IMG-c_4184.JPG

IMG-c_4185.JPG

IMG-c_4211.JPG

IMG-c_4226.JPG

IMG-c_4267.JPG

IMG-c_4269.JPG

帰宅して、竜王戦の羽生vs片上戦を観る。

片上六段の負けだったが、無念さが伝わってきた・・

☆更新の途中ですが、時間がないので後で付け足します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog