So-net無料ブログ作成

園田競馬に行く [日記]

 

 

IMG-c_3212.JPG

 昨日は小雨模様だったが、電車で園田競馬に行った。駅に着いてからは無料バスに乗る。園田競馬はいかにもそれらしきおっちゃんがいるので、私には慣れた雰囲気なのである。朝行くことを決めたので、3レースから始める。

 パドックでほとんど全部の馬を撮った。どの馬が勝つのか興味があり、後で見直すと面白い。3レースは10番メガミサマが1着だった。

IMG-c_3205.JPG

 3レースの2着は2番ドッグウッドだった。本命筋の1番ユキノマーチャンと3番アミフジミラージュが飛んでしまった。私はこのレースは取った。

IMG-c_3216.JPG

 パドックでの様子だが、気合が入っている馬かどうか、気合が入りすぎているかどうか、戦意のない馬もいる(雨なら尚更しょうがない)愛想を振りまいたり、つれ回す人に甘えきっていたり・・どの馬も可愛い。

IMG-c_3218.JPG

 重馬場(正確には不良馬場)で泥がはねつける中を馬が走る。早く仕事を済ませたい?だろうなあ。先行馬が逃げ切るパターンと差しが決まるパターンがあるが、重馬場でもいろいろのようだ。

 3レースが終わって4レースの馬券を買ってから食堂に入る。私は中華そばとおでんが定番である。4レースも取ったのだが配当が安かった。

IMG-c_3227.JPG

 5レースは2歳の「ファーストトライ競争820メートル」で、まだ幼い仕草の馬が始めて本番のレースに出場する。この3番キングオブクラブスが1着だったのだが、パドックではやんちゃで落ち着きがないが、本番で走るときは強かった。新馬戦では馬体重が判断の目安になるらしいが、確かに他の馬よりも一回り大きかった。

IMG_-c3230.JPG

 6番ジェイドペスカはうつむき加減である。パドックでこの手のタイプは何種類かあって、気合が乗っている場合とイヤがっている場合など見分けにくい。

IMG-c_3250.JPG

 3番が独走で第4コーナーを回って直線コースだ。3着にはいったのはフウリンカザンで、馬の名前はそれそれユニークだ。

IMG-c_3282.JPG

 2階に上ると、鳩が水溜りの水を飲んでいた。

IMG-c_3296.JPG

 今度は2階からパドックを見る。ズームの望遠で馬を撮った。7レースの1着1番メイプルプラウドは本命だった。

IMG-c_3307.JPG

 7レース2着の12番ハイドライドは無印の穴馬だった。パドックを見ながらそれぞれ「これはいいでえ」「これはあかん」とか評価するのが聞えてくる。

IMG-c_3320.JPG

 逃げの5番コパノパニックが3着に残った。重馬場とはいえ、ドロドロにぬかるんでいる。園田競馬場は砂(土?)が深いそうである。勝ちきるには力が要るのだ。

8レース

IMG-c_3349.JPG

 9レース

IMG-c_3388.JPG

 10レース

IMG-c_3389.JPG

 11レース

 次第にバテテきて、動くのが億劫になってくる。そうなると根気が失せて、パドックを見るのもいい加減になり、馬券も雑になるのでたいてい負ける。勝負事は執念深さが必要なのだ・・と思いつつ座り込んでしまう。

 結局後半は荒れたレースが多くて取れなかった。トータルは少し負けだったので、まずまずである。

 競馬よりも馬を見るのが好きなのかもしれない。あまりつぎ込まないのでギャンブルという感じでなくて、レジャー半分だろうか(だから負ける?)目くじら立てて競馬をするのでなくて、「どの馬が勝つのか」が興味深いのである。

 人間の勝負もそうだが、分析するにはいろんな技や知識や体験、技術や直感などの要素の総合力かもしれない。その上で、何が起きるかわからないのが勝負事である。常に頭を柔軟にして対処していく・・そうでないと切り抜けられないものだ。毎回反省しながら、毎回課題を背負うばかりである・・

 帰宅してネットでC級1組順位戦を観る。

 夕食後はT整形外科に行き、その後でHIROに行く。次第に雨が降り出してきた。

 片上六段勝ちで、ほっとして?そのまま眠ってしまった。弟子の戦いぶりは、けっこう日々の暮らしに微妙に影響されるのだ。精神衛生上、原則は勝ってもらわないと困るのである。そう思って観戦している。

 もっとも勝負はゲタをはくまでわからないので、思いっきり戦う姿勢であればいいのだ・・勝ちは得るもの、負けは自分のもの、何だか野村監督の本に書かれている言葉のようだが・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

梅雨らしい日々 [日記]

IMG-c_3198.JPG

 今日は朝から雨模様で、のんびり過ごした。さすがに遠出は無理のようだ。昨日から携帯電話が故障していて、困った。私の携帯はドコモなのだが、修理に持っていくときに、妻の携帯電話の新機種変更、義父と義母の携帯も取り替えて、この際契約を更新することにした。

 私の携帯は保護機能が働いていたそうで、熱い車の中に放置していたのが原因のようだった。(昨日、うっかりして1時間くらい置き忘れていたのだった)

 更新の手続きに時間がかかったが無事に切り替えられた。この契約更新はわかったようで、実は何もわかっていないので店の人にほとんどお任せである。

 それから宝塚阪急に買い物に行く。

IMG-c_3200.JPG

 帰宅してひと休みして、夕食、それからT整形外科に行き、HIROに向かう。いつものコースである。ばね指はかなりよくなっているが、まだまだ要注意である。激痛とかでなくて、たいした痛みでないが、長引くと神経をやられる(虫歯のような痛み?)のだ。HIROに大声夫婦が隣にいたが、私はうんざり気味である?

 冴えない大人のそばにいると気が滅入る。意外にエネルギーを消耗するものなのだ。私は人を批判するのは(されても)いいが、道徳的な正義感と、蔑視するような物言いはきらいである。人間は損得で行動するかどうかと、人を上から見るか下から見るか、普通に見るかによって品位が出るものではなかろうか。

 上からの物言いをするのは、やはり何となく言葉の端々でわかるものである。いくらへりくだっているような物言いでも、見えてくるものなのだ・・ものの見方を真ん中に針を置くのは難しい。人間は上から目線か、下から目線のどちらかに針が傾くものなのかもしれない。(本人が気づいていてもいなくても)

IMG-c_3202.JPG

 ようやく梅雨らしい日が続きそうだ。

 いつのまにか7月が近づいている。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

真夏日の勝負 [日記]

IMG_-c3037.JPG

 昨日(6月28日日曜日)は午前中、伊丹将棋センターに行く。伊丹子ども日曜コースだった。自宅教室と違って椅子席での対局である。私は車で通うのだが、免許を取っておいてよかった?(6年前)

 ☆伊丹日曜コース 7月は12日と28日です。

IMG-c_3039.JPG

 伊丹日曜コース、初めに毎回①駒をきちんと並べる②姿勢を正す③2時間将棋に集中する、その話をする。馬の耳に念仏でなくて、子どもの耳に将棋であってほしい。

IMG-c_3054.JPG

 今日は一門研究会の日でもあった。14名出席でやや少なかったが、こちらはさすがに集中度が違う。前回は上田4級が優勝の波乱?だったが、今回は優勝が澤田四段、二位大石四段、三位荒木初段と落ち着いたようだ。いろいろと波があるものなのだ・・決して自分の位置づけを決め付けないことが大事だろう。実力と段級や地位は異なる。勢いがあるかどうかである。勢いを持つには気持ちにスキを出さないことだ。

IMG-c_3057.JPG

 奨励会は長丁場でもあり、常に一発勝負の両方の要素がある。だから気持ちの維持、体調の維持が大切である。どんな事情があれど、プロは自分の最低レベルが実力とみる。冴えないところや横着さをいくら隠しても、必ず自分に跳ね返ってくるものなのだ。ごまかしが効かない・・

IMG-c_3060.JPG

 午後からはHさん夫妻と一緒に阪神競馬場に行く。今日は「GⅠ宝塚記念」がある。いつもよりも凄い人で、熱気ムンムンである。

IMG-c_3129.JPG

 8R、9Rと勝ったが負け。10Rのパドックを観にいくが、そばだと見えそうにないので3Fに上る。G1開催の人気は凄い・・

IMG-c_3092.JPG

優勝した9番ドリームジャーニー、小柄な馬だがいかにも根性のある表情だ。

IMG-c_3091.JPG

 二着8番サクラメガワンダー、やるき満々のパドックでの仕草だった

IMG_-c3094.JPG

ウオッカの不出場で、人気No1の11番ディープスカイ。単勝1,6倍の本命を背負っての抜群の信頼だったが、3着に敗れた。パドックでは落ち着いていたが・・人気を背負って勝つのは大変な重圧がありそうだ。

 しかし、残念だった・・馬券を勝っていたからでなくて、勝ってほしかった。

IMG-c3158.JPG

11番ディープスカイの前は10番スクリーンヒーローで、途中から意表の逃げに出たが、及ばなかった。私はこの馬を応援していた。人気を落とした馬が復活する姿を見たいのは人間社会と同じだ。次に期待したい。

IMG-c3180.JPG

返し馬(パドックからスタートの場所まで走る)の9番ドリームジャーニー

IMG_-c3188.JPG

 いよいよGⅠ宝塚記念、スタートした

 IMG-c_3191.JPG

 一階の外も超満員で足の踏み場もない・・

IMG_-c3193.JPG

 第4コーナーを曲がって最後の直線

IMG-c_3194.JPG

 ゴール前だが11番ディープスカイ伸びず無念の3着、9番ドリームジャーニー快勝となった。2着もサクワメガワンダーが押し切る。4着にカンパニーが善戦した。競馬の展開も一瞬の運不運がある。勝負は微妙だが結果は大きい。

IMG-c3196.JPG

 終わって興奮さめやらぬままに帰る。帰るのはほとんど負けた人なのだろうなあ?

IMG-c_3197.JPG

 今日も真夏日だった。

 喫茶店で休んでから帰宅する。

 一門研究会の後半の十秒将棋トーナメントの最中だった。

 女流育成会の室谷由紀(C2)から電話があって、今日の研修会でC1に昇級した。「2勝2敗で最後に勝てました」危なかったようだが、崩れないで踏ん張れたのが大きい。女流育成会の制度で、正式には10月1日付けらしいのだが、おめでとう!

 今の気持ちを忘れないで、まだまだ精進してほしい。むしろこれからが勝負でもある。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

研究会と特訓コース、奨励会 [将棋]

IMG_-c3020.JPG

 今日は「受験者研究会」と子ども土曜特訓コースがあった。3名で2時間みっちり私が直に特訓する。それが三回あるのだが、私の方もフラフラになる。

 研究会と特訓コースが終わった後も、H君とY君を特訓していたので、結局ほぼ一日中、将棋漬けだった。

 また今日は奨励会の例会日(三段リーグはなし)でもあった。明日は一門研究会なので、宿泊は4名である。棋譜調べもあって、もうへばる・・これくらい日々勉強すれば強くなるだろうなあ・・12時間将棋漬けだった。

 明日は宝塚記念である。予想は難しそうだ。これから馬の耳に念仏に入れます。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

養父市場に行く 2009,6,26 [アルバム]

IMG_-c2701.JPG

 今日は兵庫県養父市方面に行く。宝塚から中国道で福崎IC、そこから播但連絡道路で朝来まで行く。そこから養父までは近い。

IMG-c_2707.JPG

 養父神社は由緒あるお寺で、緑がまばゆい

IMG-c_2715.JPG

IMG-c_2727.JPG

 狛犬もいたが、これは何だろう?阿吽の像である。

IMG_-c2742.JPG

IMG-c_2760.JPG

 神社を出て「養父市場」というところに行く。駐車場がなかったので困っていると、このお地蔵様の横に「駐車される場合は電話してください」とあったので早速お願いする。

IMG_-c2763.JPG

 夏真っ盛りのタチアオイが華やかだ

IMG-c_2768.JPG

 古い街道沿いの町並み

IMG_-c2780.JPG

 養父市場は今は錦鯉で知られている

IMG_-c2782.JPG

こういった水路が四つあるそうだ。水はきれいだ。飛び回る小魚がいた。

IMG-c_2776.JPG

 いかにも歴史的な建物

IMG-c_2788.JPG

 ひと昔前の風景だが、兵庫県知事選挙の表札

IMG-c_2791.JPG

 白壁の美しい塀

IMG_-c2803.JPG

 泊まってみたい旅館

IMG-c_2819.JPG

 空き家のようだった

IMG_-c2807.JPG

 懐かしいものが匂う、いちばん好きな風景だ

IMG_-c2816.JPG

 道標 出石と京大阪方面に分かれる

IMG_-c2834.JPG

 昔の家並みの面影がある

IMG-c_2820.JPG

 この先は小学校

IMG-c_2827.JPG

 お地蔵様

IMG_-c2839.JPG

 もう閉まっているのだろうか?

IMG-c_2840.JPG

 街道を歩く

IMG-c_2846.JPG

 お寺の裏に回る

IMG-c_2849.JPG

 ここも水路があった

IMG-c_2853.JPG

 錦鯉がいた

IMG-c_2858.JPG

 真っ赤な薔薇が咲いていた

IMG_-c2863.JPG

 家にはいろんな表情がある

 真夏日だッたので、歩いて散策はきつかったが、むしろ昔の街道の息づかいが聞えるようだった。

 養父市場を出て、大屋町の筏を目指す。今度は山間の町並み探索である。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大掃除する [日記]

IMG-c_2687.JPG

 今日は朝から大掃除で(厳密には昨晩から)フル回転する。途中何度か寝転んでしまったが、6時間あまりの激闘?で何とか片付いた。

 一階の部屋はこのパソコンがあり、将棋教室、研究会、弟子の宿泊などに使っている。そこが手狭になったのと、ゴチャついてきたので、この際大掃除となったわけだ。いつものことなのだが、ちらかして片付ける、この繰り返しだ。ちらかすのが9割だろうか。

 私の母は片付け魔で、暇さえあれば片づけをしていた。それがイヤでちらかし魔になったのかもしれない。(そんなことはないか)

 私はB型なのだが、兄と姉はAB型なので、私ももともとAB型と思っていた。血液型が変わったのは?28歳のときである。B型です、入院して看護婦さんに言われて驚いた。(中学のときの検査ではAB型だった)いまだに自分の性格がわからない理由を探っている・・

 自分がおとなしくて無口で偏屈で、人と仲よくできない・・そんな性格と思っていたのに、あるとき実はせっかちで多弁で、わりと素直で人とも友好的、そんな性格と知ったのである。これは意外だった。

 しかし、また年齢とともに、子どもの頃の性格に戻ろうとするリズムになっているようだ?今の世の中で、自分をきちんと分析するのは難しい。流されたくなくても流れるし、自力で泳いでもおぼれそうである。そんな中で自分のやりたいことを通すのは大変だなあとつくづく思う。

 弱きものは強さを誇示して 強きものは強さを誇張する・・そんなことはないか。どっちもいいことはない・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ざくろの花と実と [日記]

IMG-c_2682.JPG

 家のザクロの花がいっぱい落ちているが、こんな風にきちんと咲いて実をつけているのもあって、ほっとする。

 今日は雨模様かと思いきや、すっきりとした青空だった。朝から名人戦第七局が気になって、仕事も手がつかない。衛星放送が始まって1時間経つのだが一手も進行しなかった。郷田九段の作戦負けで、羽生名人のペースとなったようだが、なかなかどうして、仕掛けて以降も難しく緊迫した形勢だったようだ。

IMG-c_2678.JPG

 すでに大きくなりつつあるざくろをみつけた。今の時期が過ぎると害虫が来やすいので要注意である。今日は朝から阪上初段が自由勉強しに来る日だ。ずっと以前は、気がつくと私と一緒によく居眠りしていたものだが、最近は気持ちが入っているのがわかる。

 午後はネット中継を見ながら、ブログ詰め将棋の解答などの更新をする。ながら族なのだが、名人戦の形勢が気になる。

IMG-c_2684.JPG

 チビはお隣の人が玄関に出ると、素早く寄っていくそうである。意外に裏表があるのだ?もっとも怖がられるよりははるかによい。

 午後はピアノのレッスンだが、チビも最近は玄関に居られるので、泣くことはなくなった。

IMG-c_2676.JPG

 午前中、用事でダイエーに行く。妻は買い物で、私はそばの銀行に立ち寄る。戻って食料品売り場に行く。魚がいっぱいあって、あれこれと瞬のようだった。私は洋服売り場などは苦手だが、食料品売り場は籠を押して見て回るのが好きだ。

IMG-c_2677.JPG

 梅雨と思えない天気が続く。水不足が深刻にならなければいいが・・

IMG-c_2675.JPG

 あじさいを切り取ってカバンに詰めている人がいた。さりげなくするので事情がよくわからない。マンションの住人のようでもあったが・・まあ花泥棒は罪がないとも言われるからいいか。

 名人戦第七局は羽生名人の勝ちで名人位を防衛した。郷田九段はまたもあと一勝の壁に阻まれた・・

 夜から大掛かりな部屋の掃除を始める。二階の息子の部屋から一階の和室まで、今はゴミの山である。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

スラムドッグ$ミリオネア [日記]

IMG_-c2667.JPG

 今日もオフだが、天気を見てどう過ごすか迷う。梅雨時なのだが先週の予報と裏腹に晴れ間が多くて、水不足が気になってしまう。

 チビはピアノや将棋教室のときでも、この小さな柵のおかげで泣かなくなったのでほっとした。繋ぐのはしょうがないが、次第に慣れてきたようだ。昨晩は嵐だったので、玄関に入れたのだが(チビは雷や強風は苦手なのだ)落ち着かないようだった。小止みになったので外に戻した。

 名人戦第七局が始まった。一日目だが指し手の進行はさすがに両者ともにゆっくりである。衛星放送やネット中継を見る。

IMG-c_2668.JPG

 早めの昼食を済ませてSSOKに買い物に行く。珍しく混んでいなかった。私は文具と鞄を買う。妻の靴に付き合ったが、選ぶのは難儀?である・・買い物に付き合うとたいてい私がゲンナリするのだが、鞄や靴は男性用と比べられて面白かった。帰る途中の写真だが、以前、この場所で「信号無視」で罰金を払わされたところだ。最近は黄色になるときちんと止まる。微妙なときが問題で、そのときは黄色だったが、スグに赤になりそのまま曲がったところでストップ。

 それは仕方ないのだが、指紋を取るといわれて抵抗した。何故指紋を取る必要があるのかわからない・・結局押さされたのだが、すごく不快だった。それからは万が一のために三文判の判子を車に乗せている。私がヘンなのかもしれないが、意味のない点数稼ぎの取り締まりよりも、本当に違反して困るところを取り締まれないものか・・誰しも思うことだろう。

IMG_-c2670.JPG

 先日、団槐おやじさんのブログで紹介された映画「スラムドック・ミリオネア」を観にいく。レイトショーの20:10分からの回だった。シネピピアにいくのは久し振りである。

 団塊さんがお奨めだけあって、2時間たっぷり堪能した。「ショーシャンクの空に」を思わせる痛快さと、インド社会の厳しい現実をかいま見るときはつらい気持ちになるときもあるが、見ごたえがあった。タジマハールは行ったことがあるので、また映画の中の似たような少年と知り合ったこともあるので、実感が篭るのだった。

 運じゃなくて運命だった・・クイズ$ミリオネアで奇跡を起す青年のドラマだが、ファイナルアンサーが人生の重みの中で、無心に賭けた回答なのかもしれない。

 私なら当然答えを間違えるが、常に自分なりのファイナルアンサーと思ってそのときそのときを選択、決断していかなくてはいけないのだろうなあ。

IMG-c_2673.JPG

 「おくりびと」も上演されている。まだ観ていない。

IMG-c_2674.JPG

 「シェルブールの雨傘」が今度上映される。私などはこの映画で女性の強さとしたたかさを観てしまうので、きれいな音楽は好きだが映画は苦手である。これがカトリーヌドヌーブでなければ、イヤな女性と思ってしまうのだ。「ひまわり」の方が好きな映画であるが、この分野は私は苦手なので、映画の勝手な解釈はご容赦下さい・・?

 アグネスタキオンが亡くなったニュースが流れた。ダイワスカーレットやディープスカイのお父さんである。まだ11歳なので急死だったようだ。競馬界の勢力地図を考えると、衝撃だったかもしれない。私は競馬を始めてまだ二年くらいだが、いちばん驚いたのは競争馬の選手寿命の短さだった。1レース1レースの重みが違う。極度の緊張感から胃潰瘍になる馬もいるそうだ。

 どんな世界も厳しい掟があるからこそ魅力があるのだろう。物事は深く考えないことにしよう・・その方がいいこともある。その方がいいことが多い?最近はつくづく、しみじみそう思う。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

猪名川町大野山、アジサイ [日記]

IMG-c_2596.JPG

 昨日は猪名川の大野山(猪名川天文台)のアジサイを観にいった。宝塚からだと西谷経由で、いつも能勢方面に通っている道だ。

IMG-c_2580.JPG

 猪名川の杉生から大野山方面に入る。柏原まで来て、ここから山道だ。

IMG-c_2582.JPG

 棚田があった。

IMG-c_2583.JPG

 わかりやすい標識

IMG-c_2585.JPG

 舗装されていない道もあるが、一方通行なのでやや安心だ。

IMG-c_2587.JPG

 天文台に着いた。広場になっているがパラグライダーもあるらしい。

IMG-c_2594.JPG

 樹や遠くの山のシルエットが情緒的だ

IMG-c_2607.JPG

 アジサイはまだこれからだが、見晴らしがよい

IMG-c_2614.JPG

 アジサイの中を少し歩いて大野山の頂上を目指す。

IMG-c_2615.JPG

 アジサイが迎えてくれた?

IMG_-c2627.JPG

 四方八方の風景が心地よい

IMG_-c2629.JPG

 大野山の頂上から向こうに見えるのが、猪名川天文台、今日は休館日だった。以前に一度プラネタリウムに入ったことがある。

 頂上は風があって、蒸し暑さが凌げた。

 

IMG-c_2645.JPG

 下りも一方通行だった。降りてスグにまた棚田があった。

IMG-c_2648.JPG

 なつかしいバスの停留所

IMG-c_2651.JPG

 猪名川の源流

IMG-c_2654.JPG

 かかしのようなバス停

IMG-c_2655.JPG

 お地蔵様があった

IMG-c_2661.JPG

 きれいな田んぼ

 帰宅するころに、やや曇り始めた。梅雨どきなのだが、雨がほしいし晴れてもほしい心境だ。

IMG-c_2665.JPG

 

 帰宅して休憩する。

 妻も体調が崩れがちで、私もすっきりしない。

 早めの夕食の後にT整形外科に行く。ばね指は相変わらずだが、今日は昨日からのしゃっくりも止まらずに困った。レーザを当ててもらいながら、息を止めているとようやく止まった。

 HIROで昨日の競馬結果を見直す。

 ウオッカが宝塚記念を断念のニュースが載っていた。出ても出なくても批判されるが・・馬場状態を考えて安全に、とのコメントだった。やっぱり残念である。問題点は①ファン投票の意味が薄らいでいる②GⅠの開催時期、開催場所に偏りがあるのではないか③疑うわけでないが、ウオッカは初めから出ないつもりだったのかなああ?

 馬に罪はないし、陣営の選択なのでしょうがない結果だが、GⅠへの興味が薄らいできているのは残念だ・・?地方競馬の方がいいなあ・・とチラッとそう思った。

 今日から名人戦第七局が始まる。ワクワクする半面、結果を見るのが怖い要素もある。新名人誕生も見たいし、羽生名人防衛もしてほしいし・・さあどういう結果が待っているのか、大きな勝負である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

西区囲碁将棋麻雀大会 [日記]

 今朝のSoーnetが重くなって、更新ができなかったようで遅れてしまった。原因は自分のパソコンかと思って、写真を移動させたのだが、そうでなかった。

 IMG-c_2538.JPG

 昨日は自宅で「子ども日曜コース」だったが、阪上初段と西田三段に任せる。 私は大阪市西区の西区民センターで開催される「囲碁将棋麻雀大会」に出席した。最近、日曜日が外のイベントと重なってしまうことが続いてしまって、子ども教室がやや心配である。以前は重ならないようにしていたのだが、日程的に無理のようで、その分を何とかフォローしていきたい。

 IMG_-c2533.JPG

 梅田から地下鉄御堂筋線で「心斎橋」で鶴見緑地線に乗り換えるのだが、それがけっこうきつい。苦手である。

IMG-c_2534.JPG

 西長堀駅に着いて降りるのだが、また出口はホームを全部越えた先である・・地下鉄は体の弱者向けにできていない・・

IMG_-c2535.JPG

 西区民センター、すでになじみになった。

IMG_-c2541.JPG

 雨上がりの薔薇がきれいだ

IMG-c_2543.JPG

 会場は人がいっぱいだ。囲碁も将棋も平均年齢は高いが、子ども達ももちろん参加している。

IMG-c_2545.JPG

 会場の全景。麻雀は別会場で40名の参加らしい。ふだんは麻雀教室もあるそうだ。

IMG-c_2554.JPG

 会場を歩いて、熱戦を見て回る。これは難しい形勢だ。

 

IMG-c_2558.JPG

 午後から指導対局で、平手の矢倉。増田教室に通っている方だった。

IMG-c_2550.JPG

 将棋大会はABCに分かれてトーナメント戦だ。一回負けてもお楽しみ戦がある。私の出題の詰め将棋と次の一手問題が懸賞だ。

IMG-c_2559.JPG

 二枚落ち戦できわどい局面。下手に勝ちがあったのだが、この数手で逆転した。

IMG-c_2560.JPG

 これも二枚落ちだが、下手の玉形が気になる。案の定王手飛車が出てしまった。

 将棋大会の最後は表彰式だが、いつもながら将棋、囲碁、入賞者にていねいである。最近は私が毎年出席だが、庶民的ないい大会である。

IMG-c_2562.JPG

終わって打ち上げに向かう。店の前の家に猫がいた。

IMG-c_2566.JPG

 打ち上げが始まる。左は囲碁の平野正明七段で、平野先生の指導は絶妙で、出されている本もとっても参考になる。今回も新刊をいただいた。(私も一手の本を渡す)囲碁関係の人のほうが多かったが、私もなじみの方がおられるので、話は愉快だ。ついついで飲み過ぎないように・・する。

IMG_-c2570.JPG

 知人の荒木さんと記念ショットを撮る。私は荒木さんの作られる駒のファンである。第一作をいただいて、教室で使わせてもらっている。サラリーマンをされているが、すでに駒師の風格がある・・

IMG_-c2572.JPG

 打ち上げの会場、九条駅に近い?

 IMG_-c2575.JPG

 2次会は麻雀となった。夢人さん、大住さん、平野先生、Aさんの5名であるが、もちろん初手合わせで、四人麻雀だった。私は毎日麻雀の番組を(多分2時間くらい?)観ているのだが、その甲斐なく負けた。夢人さんへの思わぬ放縦が痛かった。私の四人麻雀はほとんど勝たないが?放縦は少ないので、接待麻雀に近いのだが(勝ち負けの幅が少ないという意味)これは痛かった。

 夢人さんの競馬も含めての勝負強さの片鱗をみた?また再戦が楽しみだ。

 気がつくと22:30になっていて、名残惜しいのだが、解散となった。私は川西駅まで一緒の平野先生とお供だ。(荷物を持っていただいて恐縮する、それが自然なのがすごい・・)電車の中で囲碁と将棋の上達法や指導についての話がまた楽しい。

 囲碁を打ちたくなる・・その気にさせる・・そういうものを自然に持っておられるのだ。

 充実した一日だった。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog