So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日 [日記]

 IMG-c_2116.JPG

昆陽池 

 大晦日も大掃除だが、何となくだるくて休む。10時頃に伊丹将棋センターの梶井さんがお餅を持って来てくれて、そのままHIROに行く。あれこれと話をして、モーニングコーヒーもごちそうになって、また送ってもらう。ゆったりしたひとときだった・・

 昼食を済ませて、午後から掃除のピッチをあげる(手抜きだ)外の掃除もサザエさん方式で片付ける。正月気分ではないが、年の瀬の気分である。

IMG-c_2107.JPG

ユリカモメ そっと近づく

IMG-c_2075.JPG

IMG-c_2074.JPG

 一段落して、伊丹の昆陽池に行く。この季節になると渡り鳥も来ていて、にぎやかなのである。ワイワイガヤガヤ騒がしいのだが、それも元気な証である。餌を求めて白鳥、鴨、ユリカモメ、鳩、カラス、ヌートリアまでいる。

IMG-c_2067.JPG

仲良しカップルの鴨

IMG-c_2066.JPG

整然と餌を待つ

IMG_-c2065.JPG

鴨の行進

IMG-c_2064.JPG

ユリカモメは絵になる

IMG-c_2187.JPG

帰宅して、また掃除をする。妻はおせちの仕上げである。(ご苦労さん・・)

 大晦日の夕食はいつもスキヤキだったのだが、今年は清荒神市場のお肉屋さんでステーキを買う。(妻を押し切って)これがおいしいのだ!

 早めに風呂に入って、紅白歌合戦を見る。

 今年も日々過ぎていくのが早かった。自分の役割分担を自覚して、ひたすら淡々とこなすのが自分なりのペースである。世の中の流れや世相は決していい方向に向かっているとは思えないが、どんな時代でも自分の背丈で生きていくしかないのである。継続は地道ながらも、小さな確信なのである。

 自分にも他人にも傲慢にならないことと、いかなる状況でもあきらめないこと、わかっていてもフラリフラリと揺らいでしまう自分の針を真っ直ぐにしっかり持ち続けたいものである。

 今年は私にとって源さんの死がつきつかったが、夏にチビが我が家に来たことも縁である。生きることは読みきれるわけでないので、深く考えないで、現実の行動に走る・・だけである。

 今年は弟子の成績は今ひとつの感もあるが、師弟とは一緒に何かを担っているようなもので、(冴えなくても)しょうがないのである。奮起を期待したい。それぞれに自分の力で壁を乗り越えてほしい・・これからいつまで自分が担えるのかわからないが・・

 それでは 今年も日々あれこれ日記を読んでいただいてありがとうございました。

 来年も、ルンルンピアノともどもよろしくお願いします。

 皆様よい年をお迎え下さい。

                         森 信雄


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

師走の光景 [アルバム]

 IMG_-c1978.JPG

源さんのサークル

 今日は大掃除で、源さんのサークルも片付けることにした。餌も水入れもそのままにしておいたが、何だかさみしいが年の暮れがけじめである。源さんが最後に生んだ卵も残していたが、今日お墓に埋めた。

IMG_-c1988.JPG

源さんの最後の卵

 源さんはいい思い出を残してくれたのだ・・私は鳩の源さんでなくて、自分の仲間の源さんという意識が強い。それくらい強烈な存在だった。源さんの行動のメッセージは何だったのだろう?謎めいた、そして案外うぶな面もあった源さんは、これからも私の胸に刻み込まれて忘れることはないだろう・・

 大掃除の途中で、昼食はてん川にカレーうどんを食べに行く。満員だったがギリギリ車も止められた。

IMG-c_1997.JPG

てん川のカレーうどんと稲荷寿司

IMG_-c2002.JPG

大掃除を一休みして、参道に注連縄を買いに行く

IMG_-c2027.JPG

正月に備えて準備の露店

IMG-c_2018.JPG

IMG-c_2021.JPG

IMG-c_2016.JPG

 

IMG_-c2029.JPG

清荒神でお参りする

IMG_-c2033.JPG

清荒神はかまどの神様

IMG-c_2030.JPG

ローソクや線香の煙は心が安らぐ

IMG-c_2034.JPG

IMG-c_2037.JPG

清荒神の境内

IMG-c_2041.JPG

注連縄の露店

IMG_-c2057.JPG

IMG-c_2055.JPG

IMG-c_2058.JPG

もの悲しい師走の夕暮れ

 夕食前にリビングの電球を取り替えるため、買いに行く。

 夕食を済ませて、一休みする。それからまた大掃除だが、キリがないのであきらめ半分である。

 コタツとホットカーペットを準備して、また休む。だらだらと大掃除だが、明日にまわすことにした。いよいよ大晦日を迎える・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

買出しに出る [日記]

 IMG-c_1969.JPG

ダイワスカーレットの記事を求めてスポーツ紙を買いあさる・・そんなこの家の主人達を不安そうに見守るチビである。

 今日からそろそろ大掃除だが、早起きしてあれこれ雑事をこなして居眠りしてしまう。11時頃に山崎医院に、妻と一緒にインフルエンザの予防注射を打ちに行く。この時期は遅いくらいだが、昨年も打った。打っても安心は出来ないのだが・・

 午後も居眠りである。一年の疲れなのかどうなのかよくわからないが、大掃除はできそうにない。

IMG_-c1972.JPG

 3時過ぎに逆瀬川に出て買い物をして、宝塚に向かう。ここでも正月用のおせちの買出しの手伝いである。いろいろ商品を見るのは面白いが、けっこう高いなあと驚く。荷物カゴを引っ張っていくのだが、歳末商戦のまっただなかである。

IMG-c_1975.JPG

 逆瀬で買ったテンプラ(昔からの小さい店だがおいしいらしい)をおかずにする。地元の小さな店で買い物したいが、ついついデパートやらに行ってしまうのだ。ここ数十年のこういった大型店舗の進出の買い物の流れは、止めようがないのだろうが、駅界隈の地図をすっかり塗りかえたようだ。

 シャッター商店街が至るところに出来ているようだ・・これが現実である。徐々に徐々にこういった環境が変遷してきたようだが、積み重ねの恐さである。これからどうなっていくのだろうか・・

 不安を背負って、新しい年を迎える・・いろんな面で、いつもよりも厳しい年末年始の世相だろうか。

 我慢強く、粘り強く、あきらめないで生きていくこと、自分に強く言い聞かせたくなる年末である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

伊丹教室と有馬記念 [日記]

 IMG_-c1880.JPG

 今日は午前中伊丹子ども教室だった。早朝、子ども教室のテキストのコピーをしにいく。うっかりして足りなくなっていたのだ。ついでに昨晩遅くふいに帰ってきた息子のパンを買って帰る。

 「いつもこんなに早く起きるの?」「ああ、7時すぎかなあ」以前よりは大人になって、少しは気を使えるようになっているようでほっとする?

IMG-c_1881.JPG

 伊丹子ども教室の日曜コースで、今年も仕事納めとなった。最後の大盤解説のときは少し騒がしくなりつつあったが、何とかもちこたえたようだ?私の願望はとにかく”将棋の面白さを味わう時間を過ごしてほしい”ことだ。将棋に集中して欲しいに尽きる。

 終わって帰宅する。終わったと背伸びをして、車に乗り込む。

 昼食を終えて、阪神競馬場に出陣だ。今日は中山で有馬記念もある。電車の中でこういう仕事の後の息抜きの幸福感に浸る・・

IMG_-c1898.JPG

パドックは凄い人だかりだった

IMG-c_1892.JPG

モチという名前の馬がいた

IMG-c_1906.JPG

 有馬記念の前売り馬券を買ってほっとした。それから阪神の8レースの予想をして3頭軸連単で買った。マークシートの書き方がわからなくて、インフォメーションに入って聞く。(初心者である)一着が3頭で二着が4頭の馬単が入って3800円の配当だった。

IMG_-c1896.JPG

IMG-c_1908.JPG

阪神8レース

IMG-c_1937.JPG

 有馬記念はダイワスカーレットが見事なレースで優勝した。これぞ王者という強さを見せ付けた。第4コーナーからゴールまで声援を送り続けていた妻が飛び上がって喜ぶ。隣の見知らぬおじいさんに抱きつかんばかりだった。「ダスカ!」の迫力ある声援が実ってよかった。

IMG-c_1948.JPG

IMG-c_1940.JPG

このレースで引退のメイショウサムソン

 私の馬券は3連単だったが二着三着が大はずれで完敗である。それにしてもG1の予想は当たらないものだ。実戦のナマの展開と過去のデータのギャップが空しい気もするが、これが勝負の醍醐味なのかもしれない。

 惨敗のマツリダゴッホや引退を飾れなかったメイショウサムソンの胸中を思うと無念だろうなあ。でも何かを吹っ飛ばしてもあまりあるダイワスカーレットの完勝だった。

IMG-c_1916.JPG

IMG-c_1925.JPG

 阪神競馬場では今日はゆったりした。ステーキのサービスがあって、妻と一緒に並んで試食する。おいしかった。他にも競馬場を回ってみる。普段は余裕がないのと、多くのレースをしたので走り回っているのだ。

 有馬記念が終わって次のレースを予想して買いに走ると、目の前で窓口が閉まってしまった。結果は買わなくて正解だった。競馬は観ているだけでも収支がゼロなので、けっこう優秀なのである。いつもそう思う・・

 帰宅して一休みする。夕食は「カニちり」だった。私はカニやてっちりには目がなくて、普段の人格がうってかわって食の野獣と化すのである。自分でも怖ろしいが、鍋の中のどのへんにカニがあるのか、見なくてもわかるのである。動物の嗅覚に近いものがある。「森さん、女性の前では決して鍋を一緒につつかない方がいいですよ」と言われてきたのだった。

 結局カニを8割くらい私が食べたようだ・・食べるというよりも漁る感じである。終わってみるとカニの残がいのヤマである。

 夜はM君のお父さんが来られて1時間くらい話をした。

 その後でHIROに行く。私の好きなストロングのアイスコーヒーとケーキを注文した。スポーツ紙を見る。終わった後の予想は何ともいえないが、またしても一着以外の予想が当たった人はいないようだった。

 馬券は”読めそうで読めない、買いそうで買えない、当たりそうで当たらない”もののようである。私は都合のいい解釈をするので、馬券が外れたり、麻雀で負けると、きっと他に運が回るのだと思うようにしている。運は少ないので大事に使わないといけないのである・・負け惜しみコーナーである。

IMG-c_1964.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

忘年会と麻雀、有馬記念予想 [日記]

 今日も忘年会で、いつもよりメンバーも少ないが、夜でなくて先に食事して麻雀をするコースだった。

 11時半集合だったが、11時に着いて梅田界隈を散策する。

IMG-c_1811.JPG

IMG-c_1826.JPG

観覧車が見える

IMG-c_1836.JPG

IMG-c_1851.JPG

忘年会の会場は、「泉の広場」にある「焼売大楼」だった。

IMG-c_1860.JPG

昔からの古い中華の店である。シュウマイがおいしい。

IMG-c_1865.JPG

東七段、浦野七段、脇八段のメンバーだ。

 

IMG-c_1871.JPG

忘年会の後で、終わってから麻雀である。雀荘はセルフの店だった。

 麻雀が終わってから第3ビルの地下で食事をして、忘年会を締めくくる。

☆有馬記念

IMG-c_1802.JPG

最強の牝馬 ⑬ダイワスカーレットは魅力がある。

IMG-c_1795.JPG

昨年の覇者⑩マツリダゴッホも人気だ。

IMG-c_1807.JPG

引退レースの⑨メイショウサムソン。負けそうでも馬券を買いたくなる。

 他に⑧スクリーンヒーロー ①カワカミプリンセス ⑤フローテーション ⑦アルナスライン ⑪ドリームジャーニー などである。②ベンチャーナイン ⑫アサクサキングス

 さあどの馬に絞るか?

 ☆馬の耳に念仏 ←有馬記念決めました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一門忘年会 [将棋]

 IMG_-c1559.JPG

研究会 20秒将棋トーナメント

IMG-c_1560.JPG

 今日は森一門の忘年会だった。昨晩の宿泊組が3名で、今日は研究会も兼ねていたが、他の門下の子が遠慮したのか、一門のみで15名出席だった。棋士では安用寺五段のみが参加だったが、ゲストに桑原しんいちさん。

IMG-c_1626.JPG

決勝戦 安用寺五段vs西田三段

IMG-c_1564.JPG

三段リーグ好調の澤田三段

IMG_-c1567.JPG

昨日の奨励会で入段した藤原初段

IMG_-c1580.JPG 

少し前に昇級した荒木初段

 20秒将棋トーナメント(初の試み)で、①勝ち上がりトーナメント②負け下がりトーナメント③中間トーナメントNo1④中間トーナメントNo2と、こなす。

 勝ち上がりトーナメント優勝は安用寺五段を負かした西田三段だった。昨晩から考えた、バラエティーに富んだシステムで、とにかく何局も指す趣向である。

IMG-c_1558.JPG

忘年会前に記念撮影

 13時過ぎから忘年会が始まった。料理を揃える妻がパニック状態で、それでもてきぱきとこなす。(私も揚げ物を手伝う)

 初めに師匠の挨拶。安用寺五段の乾杯。それから食事タイムとなる。

IMG-c_1634.JPG

笑顔が似あう 安用寺五段

 次はクイズコーナーで、なかなか好評だった。私は昨年と同じ問題でも同じミスをする。頭が固くなってるのかな・・手伝いは竹内三段である。

IMG_-c1703.JPG

改名の竹内雄悟三段(以前は大悟)

 次は自己紹介コーナーで、自己紹介と今年いちばん印象に残ったこと(将棋に関すること以外で)だが、みなそれぞれである。

IMG-c_1727.JPG

大石三段 何故かお茶を買いに走る(弟弟子にさせないのが偉い?)

IMG-c_1698.JPG

桑原さんの職業を当てさせる。世界を旅する人・・サラリーマンなど。正解はアルゼンチン・フォルクローレ、ギタリストです。

 それから質問責めコーナーで、クジで当たった坪井3級と西田三段に一人ひとりが一問ずつ質問をしていく。即興で答えるのである。答えにくい質問ほどよい。

IMG-c_1741.JPG

「彼女は?の質問に」まごつく坪井3級

IMG-c_1711.JPG

鋭い質問にも堂々と?重い口調の西田三段

 それから恒例のプレゼント交換で、1000円以内のクリスマスプレゼントを各自でクジを引いて交換する。私は西田三段からの目覚まし時計だった。私のDVD2本セットは、誰だったかな?

IMG-c_1784.JPG

竹内三段の指導対局 外からチビが観戦だ

IMG-c_1786.JPG

トビオはどこでも誰でもお構いなし

 16時に一応終わって、居残り組は将棋を指す。桑原さんも竹内三段と大石三段の飛落ち指導を受ける。桑原さんは裏芸の手品を披露で、さすがに器用だった。

 子ども達が帰った後で、安用寺五段と桑原さんとでHIROに行く。

IMG-c_1794.JPG

HIROにて

 今日はいい忘年会で、弟子のメンバーも世代も雰囲気も、少しずつ変わってきたことを痛感する。勝負の世界は明暗が付きものだが、常に上下に流動的で、思うようにままならないことが前提の世界である。自分を信じつつ、実らないかもしれない田を植えていくようなものだが、結果を黙って噛みしめながら進んでいくよりない。

 私は弟子の活躍を期待することよりも、むしろ案じることの方がはるかに多いのだが、それが縁だと思っている。縁というのは普通から腐れ縁から良縁までいろいろあるが、すべてを含んで飲み干すことなのかもしれない。通じる通じないは別として、何かを一緒に担うことなのである。基本的に、あれこれ案じたり少々腹がたっても可愛い存在なのである?

 がんばってほしいに尽きる。

  

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今年最後の奨励会 [日記]

 IMG_-c1547.JPG

我が家の紅葉で、今日の雨で落葉が始まったようだ。

 今日は奨励会で(三段リーグは休み)今年最後の例会である。いい気分で新年を迎えたいものだが、なかなかそうはいかないようだ。

荒木初段2-0 藤原1級1-1初段昇 千田1級1-2 阪上1級0-2 高田2級2-1 坪井3級0-3 来海3級3-0 石川3級1-2 上田5級0-3 橋詰6級休み 佐和田6級2-1

 藤原1級が初段に昇級したのがよかった。前回逃がしているのでよけいにうれしいだろう。しかし全体では負け越しである・・

 昼食の後で警察に立ち寄って通行証をもらって、ダイエーに買い物に行く。明日の弟子のディナーショーのプレゼント交換の品物を探す。

IMG-c_1550.JPG

 帰宅して夕食の後で、結果報告を聞きながら、今年を振り返るのだった。

 今日は妻からクリスマスプレゼントを貰ったが、私はうっかりして忘れてしまっていたのだった・・

 IMG-c_1555.JPG

前から私が欲しかった本である。

 夜は弟子の棋譜並べをする。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クリスマスイブ [日記]

 IMG-c_1546.JPG

高齢で病み上がりとは思えないほど、チビは遊ぼうよと庭を走り回っている。次第に我が家の家族らしく、食い物には目がないようになりつつある・・

 3日連続の忘年会が終わり、今日はクリスマスイブである。今朝は7時半に起きて、紙、布の日なのを思い出し、整理して出す。掃除の苦手な我が家では?何処から手を付ければいいのか大変である・・とにかくゴミ出しを忘れないこと、掃除入門向けの一手詰めからである。

 トビオとクロに半生の餌を与えていたが、小粒で物足りないらしくて、何度もサークルから出たり入ったり(そのたびに細かく砕いたおやつを与えているせいだ)わざとらしく振舞う。トビオは知能犯のところがあって、庭から部屋の中に入りたいときなど、わざとくしゃみをするふりをしたりすることもあった。

 今は年齢のせいで耳も遠くなり、目もあまりみえていないのだが、おやつを待つときに空を見て、きちんと姿勢よく待たれるのである。私はその姿勢に負けて、おやつを与えてしまうのだが、「だから我が家はみんなわがままに育つ」と妻に言われているのである。(いちばんわがままは誰だろう?)(ルンルンと予想した人が多いと思うが、実は私なのである)

 トビオのその仕草は何とも言えない哀愁が漂っているのだが、目的はひとつおやつなのがトビオらしいのだ。トビオは上品で、自分の思うようにならないときでも決して鳴かないで、じっと我慢して待っている。上品さと食に対する無心の欲がトビオのバランスなのである。

 昼間は「年賀状」の時間に当てる。一夜漬けの取り組みである。この時期は何とも言えない歳月の重みが肩にのしかかってくることもある。誰しも確実に年を取るのだが、年齢に比例した切迫感の差だろうか・・無常観や物言えぬことを飲み干すようなものだろうか。

 夕方、早めの夕食を済ませて、いつもの肉屋さんのチキンとHIROに立ち寄ってクリスマスケーキを取りに行く。(ケーキはプレゼント用だ)

 「クリスマスのサンタさんが楽しみだったなあ」妻の言葉に私は「サンタさんからプレゼントをもらったことがあったかなあ」子どもの頃の記憶にない。貧しい我が家はクリスマスが終わりそうなときに半額のケーキを買いに走ったような・・それでも子ども心に恥ずかしさはなかった。おいしかったのだ。

 私はこういうときでも自分がいじけなかったこと、力むことなくそういう風に育ったのが母への感謝なのである。これは大きかった。恥ずかしさの容量が大きいのは強いのだ。見栄を張らないで生きること、これは何よりも大きな糧である。

 まあ胸を張ることでもないのだが・・自分の立つ位置の羅針盤だろうか。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

詰将棋の集まり [日記]

 IMG-c_1536.JPG

 このブログはコメントが承認制だが、自分のコメントも同様なのでうっかりしやすい。そのことを忘れてしまっていた・・

 今朝も少し早めに起きたが、さすがに、連日の忘年会でややフラフラ気味で効率が悪い。ようやくノルマの詰め将棋の仕事をこなす。ブログの詰将棋は少しお手上げ気味である。

IMG-c_1539.JPG

 今日も昼食の後で、関西将棋会館に出かける。ちょうど「将棋の日の子ども将棋大会」があったようだ。販売に立ち寄って、来年度のピピアめふこども将棋大会の、将棋グッズの景品を揃える。

 今日は詰め将棋の集まりで、Tさん、Sさん、Mさんと私の4名である。福島駅そばの喫茶ケニアに行く。夕方まで詰め将棋の話題や、出題、検討、解答、講評などで楽しい時間を過ごせた。Tさんの難問に頭を悩ましたが、今日一日で、鍛えられたような気もする?

IMG-c_1540.JPG

 終わってから食事に行く。そこでも詰め将棋の話が尽きなくて、時間があっという間に過ぎてしまった。

IMG_-c1543.JPG

 詰将棋作家の大ベテランのKさんが亡くなったことを聞いて、びっくりした。昨年まで、詰め将棋の会でご一緒だったのだ。その頃に足が弱くなって参加できなくなりましたと連絡をいただいていた・・

 帰宅して、少し休んでから、ロイヤルホストに行く。忘年会が続いてバテ気味だが、いかにも師走らしい時間を過ごせるのも幸せなことなのだろう。そう思いつつ、詰将棋の局面が浮かんでくる。

そして知らない間に駒を握って、詰め将棋を作っていた・・怖ろしい習性である。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

鶴橋焼肉忘年会 [日記]

 IMG_-c1505.JPG

 土曜教室のAさんからいただいた、源さんへのお花。亡くなって2ヶ月なのにもう一年前の出来事のように思える・・

 今朝は3時半に目が覚めて、ブログを更新した。酔っ払って寝ると必ず深夜に起きてしまうので困る。

IMG_-c1508.JPG

 午前中はあれこれと雑用やらをこなして、午後に出かける。環状線の鶴橋駅を出ると、伊藤博文六段とバッタリ出会う。14時半集合だが14時に鉢合わせだ。お互いにB型同士の呼吸である?せっかちなのだ。

IMG_-c1510.JPG

IMG-c_1513.JPG

 14時15分頃に児玉孝一七段が来て、雀荘に入ろうとしたが、開店していそうなのに店の人がいない。隣の焼肉店の人に聞くと、どこか行っているがすぐに帰るのでないか・・のんびりしているというか、客がこないのだろう。待ちきれずに伊藤六段がふとん屋さんに入り、他の雀荘の場所を聞いて行ってみたが、閉店である。

IMG-c1515.JPG

 ようやく探し当てた雀荘で開始だ。学生目当てのような三人麻雀の店だった。初めはおとなしく辛抱も効いたのだが、途中から放縦タイミングコースに入ってしまう。むきになると絵に描いたような悲劇が待っているパターンだ。

IMG_-c1530.JPG

 結局伊藤六段と私が負けで、児玉七段の勝ちだった。こういうときは児玉七段のごちそうしますパターンで、遠慮なく焼肉をたっぷり食べた。鶴橋の焼き肉街は満員で、昔は1時間待ちもざらだった。すんなり入れて拍子抜けする。忘年会も減っているのだろうか?

IMG-c_1527.JPG

IMG-c_1528.JPG

 終わってから喫茶店に入る。私と伊藤六段はフルーツパフェーだが、今年はさすがに小さいチョコパフェーにした。児玉さんはぜんざいである。店の人が不信な表情で注文を聞く・・不気味かもしれない。

IMG-c_1533.JPG

 後でコーヒーも飲む。そこでいろんな雑談に花が咲く。私のうとい情報網は知らないことばかりである。最近は耳を澄ますこともなくなって、伊藤君と私は、でもカリカリくることもあるのだが、最後に児玉さんの不思議なバランス感覚に聞き入って平和に終わる?いい会なのである。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog