So-net無料ブログ作成
検索選択

てん川に行く [日記]

 IMG_-c0219.JPG

阪急宝塚とJR宝塚駅を結ぶ陸橋から

 今日は雑用があって、宝塚に出る。怖ろしいことに、今朝のことをすでに忘れることが多くなった。あまりに平凡な日々を送っているせいだろうか。

 何かが原因で妻とけんかをしたようだが、覚えていないのだ・・私のいつものパターンだが、それでよけいにカッカくるらしい。でも何となく治まって、よかった。

IMG_-c0220.JPG

同じ陸橋から、清荒神方面をのぞむ

IMG_-c0221.JPG

車HIROにいくとき、駐車場にて。このカメラは逆光に強いらしいので試す

IMG_-c0222.JPG

逆瀬川で買い物から帰る途中の光景

IMG-c_0223.JPG

IMG-c_0226.JPG

久し振りに「てん川」に行く。珍しくお客さんがいない。私の好物、「なすとトマトのカレーうどん」と稲荷を注文する。

IMG-c_0229.JPG

その後でHIROに行く。きれいなコーヒーカップだった。最近は2カップ注文する。コーヒーが2杯分の小さなポットでくる。

 いよいよ明後日がG1、ジャパンカップである。さあ予想だ。

 馬の耳に念仏←どうぞ!

 今回も上位馬が強くて取っても勝てない、堅いレースか?

 


丹波の柏原に行く [日記]

 今日は夕方から雨の予報だったので、朝早めに出発して写真を撮りに行く。いつものコースで三田市~R176号線から丹波篠山を越えて、丹波市の柏原方面に向かった。

IMG_-c0079.JPG

IMG_-c0080.JPG

これにコーヒーもついている

 まだ11時だったが、早めの昼食を「大連飯店」で食べる。以前にも入って感じのよかった店である。私はカレーから揚げ定食。

IMG-c_0082.JPG

紅葉と落葉

 それから八幡神社の駐車場に車を止めて、柏原の街を散策することにした。

IMG-c_0086.JPG

木の芽橋、向かいは織田神社

IMG_-c0091.JPG

IMG-c_0092.JPG

小学生の俳句が抜群だった、街で出会っても子どもたちに大きな声で挨拶される

IMG-c_0094.JPG

古い建物もちらばっている、由緒ある街の風情だ

 

IMG_-c0098.JPG

IMG_-c0110.JPG

IMG-c_0153.JPG

渋い紅葉

IMG-c_0158.JPG

井戸水

IMG-c_0166.JPG

IMG_-c0125.JPG

IMG_-c0184.JPG

IMG_-c0186.JPG

IMG_-c0207.JPG

IMG-c_0210.JPG

IMG_-c0215.JPG

柏原(かいばら)の街の探索は、何度来ても飽きることがない

 夕方4時から6時まで衛星放送で竜王戦の中継があっ。夕食の後でHIROに行き、帰宅すると、羽生名人の勝ちと思われた将棋だったが、結果は渡辺竜王の勝ちだった。打ち歩で逃れという、終盤の劇的なドラマがあったようだ。

 


巡礼街道 [日記]

今日から新しいデジカメで撮った写真です。

IMG_-c0008.JPG

 今日から竜王戦第四局が始まった。9時からの衛星放送も見る。

IMG-c_0009.JPG

 昼前に義父の家に、NHKハイビジョンのチャンネルが写らないので様子を見に行く。義母はいつもアナログでケーブルテレビを観ていたようで、ハイビジョンは見られないのか、契約していないのか、どうもわからないままだった。そもそもデジタルはややこしすぎるのだ・・

IMG_-c0010.JPG

 ムキになって調べたが、曖昧である。私は意地になってしまうらしくて、メカ音痴なのにわかろうとするクセがあるのだ。そして単純なことをわかるのに、人の何倍ものエネルギーを要することが多い。基本的に徒労の人生なのだ。

IMG_-c0013.JPG

 午後からカメラの初撮りを兼ねて、散策にでかける。清荒神から売布、中山寺への巡礼街道を歩いた。天気もよくて気持ちよかった。小学生の下校が始まっていたが、私一人なら間違いなく怪しまれただろう。妻がいると助かるのである。やりにくい世の中になったものだ・・

IMG-c_0037.JPG

 

IMG_-c0015.JPG

IMG_-c0038.JPG

IMG_-c0048.JPG

 中山寺からは電車に乗って帰る。今週はのんべんだらりと過ごしているが、こういうときが平和な日々なのかもしれない。

IMG_-c0065.JPG

IMG_-c0072.JPG

IMG_-c0076.JPG

 新しいデジカメを使ってみた結果、前のよりも映像がいい。レンズも明るい。これでますます写真を撮るのが楽しみになった。ただ撮れる枚数が少ないようだ。

 


デジカメ買い換え [日記]

 CIMG0001_SH0.JPG

 今朝6時前に目が覚めて雑用をする。いつも7時過ぎにはテレビをつけて、ニュースを見るのが日課なのだが、最近は麻雀のチャンネルに切り替える。そうしてながら族であれこれこなすのだ。

 午前中はゆっくりして、午後からKーズ電気に行く。先日故障したデジカメの修理だが、3年保障が過ぎていたので、おおよその見積もりを聞くと、最低で1,2万円で、多分2万くらいかなあとのことで修理はあきらめた。今までカ〇オ製ばかりだったが、そろそろ機種を変更で、店の人に聞きながら探した。

 パソコン購入で顔なじみの店員のSさんがいたので、詳しく聞いた。私の希望は室内などのやや暗いところで撮りやすいカメラだ。あれこれ模索した結果、キャノンのIXY920ISに決めた。

 デジカメは三台目だが、数年目に比べると値段も下がっている。3年がメドなのかなあ・・私は使い方が荒っぽくて、しかも毎日いっぱい撮るので痛むのもしょうがない。

 H20年11月25日-c 002.JPG

キャノン IXY920ISで撮った。まだ源さんのサークルを置いてある。

 サクサク解こう 詰め将棋200題 実業之日本社刊が12月に再版3刷の連絡があった。うれしいことだ。ちょうどデジカメも買ったし・・?

 山海堂の私の詰め将棋の本を、実業之日本社からスタイルを変えて出版してもらえたのはうれしかった。数冊の本が、埋没してしまうのは忍びなかったからだ。


大駒落ち相談将棋 [日記]

 CIMG0001_SH0.JPG

 今日は「京滋職域団体戦」優勝の滋賀県庁チームとの記念対局で、大駒落ち相談将棋があった。京都に向かう。阪急大宮からタクシーで二条城を通って四条丸太町で降りる。

CIMG0002_SH0.JPG

 10時開始で対局が始まった。私の飛落ちだった。結果は私の自戦記で京都新聞の夕刊に12月下旬頃に掲載される。

CIMG0003_SH0.JPG

 正月明けには先日の「新春プロアマ対抗戦」の観戦記も掲載される。(まだ何も仕事をしてないが)私は日々こうやってブログを書いているのだが、文章は苦手なので苦戦する。

 対局は昼頃に終わって、兄弟子の中尾さんと京都新聞社のSさんとで昼食、それから麻雀がお決まりのコースである。

CIMG0004_SH0.JPG

 今日は早めに終わったが、珍しく私がひとり勝ちだった。本当に珍しいことだ。ツキがあるときは何をやっても上れる・・普段が逆が多い。これだけ日々麻雀の番組ばかり観ているからなあ・・たまには勝ってもいいか。

CIMG0007_SH0.JPG

   今日はデジカメが故障で前のデジカメを使うが、何だかフィットしない。連休が終わり、私は逆に明日からオフである。


マイルCS [日記]

 CIMG8933_SH0.JPG

CIMG8934_SH0.JPG

 今日は伊丹日曜コースだった。やはり朝起きるのがややつらい。8時半に家を出て伊丹将棋センターに着いたのは9時10分前だった。今日は将棋センターの部屋貸しもあって、本来は別の日だったのを変更させてもらったのだ。

 教室の始めにそのことを子ども達に説明する。今日は振り替えもあって多かったのだが、始まってすぐに大人の人が来たので、いつもよりはみんな他所行きの雰囲気で、少しほっとする?

 終わって帰宅して、昼食を済ませて、さあ競馬だ。土日が仕事の私は競馬場にいけるのは滅多にないので、やはりうれしい気分だ。

CIMG-c8943.JPG

 今日はG1マイルチャンピオンだったが、他にも京都、東京と数レースを買った。結局2レース取ったのだが、堅い配当でトータルは負けだった。メインのG1マイルも、押えの馬単が入ったが、ねらいは不発で負けである。あれこれ期待も含めて馬券を買うのだが、ドラマが起こらないと本命サイドだと負けである。いつも3連複や3連単をねらうのだが、必ず1頭予想していない馬が入着してしまうケースが多い。

CIMG-c8899.JPG

CIMG-c8962.JPG

優勝はブルーメンブラッド

CIMG-c8927.JPG

CIMG-c8983.JPG

2着は本命 スーパーホーネット

CIMG-c8888.JPG

CIMG-c9006.JPG

 3着に食い込んだファイングレイン。これで私の3連複が外れた。レース直前にデジカメの調子が悪くなる・・

 競馬場から帰って、笑点を見る。久しぶりだ。こういうとき平和を感じる。物思う秋でもある・・終わってケーブルテレビで麻雀の劇画を見る。あほらしいのだが見るのだった。

 今日は車を定期点検に出す日なので、HIROは中止だ。

 23日は源さんの命日である。夜、多めに線香を焚く。今は連休だが、私は明日も仕事である・・

 


土曜教室 [日記]

 CIMG-c8788.JPG

 今日は午前中、子ども土曜コースだった。風邪のせいか休みが多かった。人数が少ないのに騒がしいのは変わらないようだ。馴れ合いがよくないのだが・・なかなか教えるというのは難しい。指導対局のときはみんないい子なのだが・・

CIMG-c8790.JPG

CIMG-c8805.JPG

 朝は6時半に目を覚ましたが、起きるのが億劫で5分、5分と時計を見ながら寝床で過ごし、7時10分に仕方なく起きる。それからトビオとクロとチビ(冬はチビにも朝も餌を食べさせる)の餌をやって、源さんのお墓に線香を立てるのが日課だ。それから自分の朝食で(普通は人間が先らしいが、私は逆だ。だからわがままなのだろうか)ある。そして8時になると、掃除などして子ども教室の準備をする。

CIMG-c8809.JPG

CIMG-c8826.JPG

 9時に阪上1級が来て、将棋盤や駒、テーブルを並べて準備が終わりで、後は子どもたちを待つばかりである。9時過ぎにチビを庭の狭い方に移す、最近はおやつをもらえるので、喜んで入っていく。我が家の住人は食が命なのである。食のためなら恥も外聞もなく、ひれ伏すのである。トビオもクロもチビも餌を残したことがない。

CIMG-c8836.JPG

CIMG-c8871.JPG

CIMG-c8884.JPG

(写真はルンルン撮影)

 子ども教室が終わって、昼食だ。ざる蕎麦である。昨日も蕎麦だったので、弟子達も他のがいいと思い代弁するが、妻に反撃される。食事のことで口出ししてはいけないのだが、つい口がすべる・・基本的に私はわがままなのである。

 午後からは土曜教室だった。それまでに昼休みの30分間居眠りをするのが、うれしい時間である。将棋を指すのはいっこうに苦にならないが、一日30局くらい指すので、バテ気味だ。それでも将棋を指すのは楽しい。まだまだ続きがあってもOKだ。

 夕食の後でHIROに行く。明日のマイルCSの予想をするが、混迷のレースのようでまとまらない。こういうとき私は5分でも5時間でも、時間があれば考えるのが好きだ。但し理路整然としていないので、結局ヤマ感なのである。

 小学五年生のときだったが、算数の難しい問題で、クラスのトップの秀才と劣等生気味だった私が問題を解いて正解だったのだが、私のは過程が不明で×にされたことがある。私なりのヤマ感解析法だったのだが、通用しなかった。そういうことを思い出しながら、スポーツ紙とにらめっこしているのだ。

 理路整然とするよりも、私は原始的にすべてを書き出す方法が多い。ナンクロではこれも失格らしい。この場合はヤマ感でなくて、しらみつぶし解析法で、難解な詰め将棋だとこれを使う。「詰むや詰まざるや」の難問はそうして解いてきた。時間がかかるのだが、こういうことは苦にならない。全部読み切るのは村山聖も得意分野で、詰め将棋の変化紛れをしらみつぶしに解析するのが得意だった。

 だから修業の場合、詰め将棋は解くのでなくて、可能性ある手を全部を読むのだ。

 しかし競馬の場合は、ヤマ感解析法もしらみつぶし解析法も通用しないのである。困ったものだ。残るは確率解析法か、開運解析法(ウソです)しかなさそうだ。

 ☆馬の耳に念仏⇒クリック   G1マイルCSの軟弱予想です。


播磨新宮に行く [日記]

 

 CIMG-c8624.JPG

 今日は天気がいいので、紅葉を観に行ったのだが、高速で雨が降り出して、あれれとなる。権現湖を越えるあたりで回復したが、どうやら曇りのようだ。竜野西インターから播磨道に乗り換えるが、これはミスで竜野ICで降りるのが正解だった。

CIMG-c8628.JPG

 播磨新宮で降りて179号線で播磨新宮の市内に向かう。途中の千本本陣というところで昼食にした。昔の旧家で蕎麦処のようだった。

CIMG-c8630.JPG

CIMG-c8658.JPG

CIMG-c8667.JPG

CIMG-c8672.JPG

CIMG-c8690.JPG

CIMG-c8693.JPG

投汁蕎麦?蕎麦もおつゆもおいしかった。

CIMG-c8695.JPG

CIMG-c8699.JPG

播磨新宮の志んぐ荘は、昔、奨励会旅行で来たことがある。その裏手が目的地の「東山公園」だった。

CIMG-c8727.JPG

紅葉は終わり頃だったが、天気がよければなあ・・

CIMG-c8755.JPG

アンネのバラがあった

CIMG-c8761.JPG

揖保川にかかる吊り橋である。やや恐い。

CIMG-c8770.JPG

揖保川

帰りは179号線で竜野に向かう。竜野の散策も考えたが、早めに帰る。

 今日はB級1組順位戦で、ずっとネット中継を観ていたが、山崎七段負け。でもここ数局の中では粘りのある内容で、負けはしたがいい兆しと信じたい。そろそろ流れが変わってもいいように思う。


少し寒さ和らぐ [日記]

 CIMG-c8615.JPG

 トビオのお気に入りのスタイル、ストーブのそばか、暑くなるとここに退避する。甘えん坊で、常に人のそばにいたがる。争いごとは嫌いで、身勝手だが他人にたいしても鷹揚だ。パグ特有の性格を持ち合わせていて、食は命である。

 

 今日は寒さも少し和らいで、晴れ間が見える。家の斜め向かいに新築が建ちはじめて、甲山が見えなくなったのがさみしいが、しょうがない。あと二軒ほど土地が空いているので、いずれは・・

 日当たりも悪くなったが、今までがよすぎたのである。この家に来て10年以上になるが、歳月が経つのは早いものだ。秋も深まるとそういう気持ちがいっそう強くなる。

 今日もチビの寒さ対策にコーナンに走る。断熱のシート、ビニール、長い目の紐を用意した。多分深夜に零度以下のときは玄関に入れたほうがいいだろうと思う。

CIMG-c8616.JPG

 妻がご飯のスイッチを入れ忘れて、今日も外食。夢人さんのブログを見てお好み焼きが食べたくなった。定食だからご飯と一緒に食べる。

 源さんのお墓にある鳥の陶器に入れる花を買ってきた。室内で、まだ源さんのサークルは置いてある。源さんがいなくなってから、まだ1ヶ月も経っていないのが信じられない・・

 ここ数日は少し仕事から開放された日々だったが、そうなるとからだのだるさが抜けきれない。皮肉なものだ。今日も昼食後は全身倦怠感で休む。頭とからだがスッキリしたのは3時前だった。

 夕方は一門の弟子に送る、年末のスケジュールの文書を作る。このところすべて遅れ気味である。頭の中ではあれこれ思案するのだが、いっこうに踏ん切りがつかないことが多い。源さん後遺症ではないが、何となく力が失せているのを感じる。それだけではないのだろうが、冴えない・・

 今日もHIROに行く。大声夫婦は健在で、いつのまにかそのエネルギーに感心すらしてしまう。スポーツ紙を見ていると、競馬の小さな欄だったが「チョーサン、安楽死」の記事があった。妻が気づかないように伏せていたが、間際にその記事に目を止めたようである・・安楽死のほとんどは骨折が原因だが、悲しいニュースだった。チョーサンは明るいキャラクターの馬で、強くはなかったが常に前に前に走る馬だったと思う。

 CIMG-c8617.JPG

さみしいけれどきれいな夕景です。

BIENVENIDA!落書き帳という意味ですか?

 私の「日々詰め将棋」に掲載の問題を紹介していただいて、それを解きながらエッセイを書かれているありがたいブログです。勝手に紹介させていただきました。私もいつのまにか愛読ブログになり、詰め将棋も手抜きできない?設定です。


寒い日々 [日記]

 CIMG-c8605.JPG

 一昨日の夕景

 今日も寒い一日だった。チビが気になって、昨晩は小さな毛布を小屋に入れたのだが、始めは外で寝ていて驚いた。でもさすがにその後では小屋に入っていたのでほっとする。チビはタフだが高齢なので体調管理は気になる。最近はすぐに「遊ぼうよ」の姿勢を取ってくるようになった。

 寒さに強いとはいえ、前に住んでいた四国よりも寒いだろうから、風除けをしたほうがいいかと思い、コーナンに行くと、満車で行列で引き返す。ユニクロに戻り、買い物をした。毎年寒くなるとそれでたまにはまあいいかと「餃子の王将」に入ることにした。私はから揚げ定食で、妻は餃子定食で、粗いものが食べたい心理である。

CIMG-c8609.JPG

 再びコーナンに戻ると、まだ満車なのであきらめる。どうなっているのだろう?帰宅して居眠りしてしまう。寒いと何もしなくてもエネルギーが減るのか、頭がボーッとして使い物にならない。何とか思考が目覚めたのが3時過ぎだった。

 CIMG-c8608.JPG

 今日は、大石三段が新人王戦の対局で勝ち。次は豊島四段戦である。弟子のへこんだ成績で少し憂鬱な毎日なので、がんばってくれる弟子の存在は大きい。ともかく前進していくよりないのである。

 夜はHIROに行く。何故か大声夫婦がいるようなカンが働いたら、実際にガーンと響くような声が聞えてきた。私は霊感もそうだが、鈍い方ではない。少し感じて役に立たないタイプである。妻は心なしかほっとしているようだった。私は何とも言えない・・

 夜、寒いのでチビを玄関に入れるかどうか迷う。とりあえず小屋の前に風除けをおいた。チビは丸まっていた。試しに玄関に入れてみるが、さほどの感動はない。この冬はどうなのか、様子みながらしかないようだ。

 源さんがいないさみしさが、今になってこみあげてくる。私はある部分が極端にもろいようだ。仕事も一息ついて、風邪も治ったせいか・・

 トビオが庭から戻るとおやつを与えるが、最近、2個目をねだる。トビオh視力が衰えているので、あまり見えないせいか、入り口に向かって正座?する。そして目線を宙に向けてじっと待たれる。私の方から見ると反対になるので、その行為はへんちくりんだが、笑えない迫力があるのだ。食に対する真剣さである。

 仕方なく2個目のおやつを渡すと、何ごともなかったかのように戻る。トビオの一念おやつを渡す、である。