So-net無料ブログ作成

兄弟子の引退慰労会 7,14 [日記]

 

IMG_c8604.jpg

            金太郎がテーブル首を突っ込んで悪さしている。

IMG_c8605.jpg

  午前中は「日曜コースA」だった。私は途中で抜けて東京に向かう。「将棋に集中しないのなら、来なくていいから!」一瞬は静まるがまた戻る‥子ども相手に必要なのは将棋の好きさ、根気とタフさである?

IMG_c8606.jpg

  佐和田2級の指導対局、手合いは西田三段に任せている。

 兄弟子の引退慰労会 7月14日

IMG_c8608.jpg

  新大阪から東京に向かう。構内で本を買いに行くと、ビジネスコーナー話題の本に私の「逆転、スーパートリック」の本が並べてあって驚いた。間違えて置かれてあるわけでもなさそうだ?

  「騎手の一分」藤田伸二 「十三回忌」小島正樹 「yah生活保護三兆円の衝撃」NHK取材班の3冊を買った。どれも面白かった。やはり読書がいい。

IMG_c8613.jpg

 今回は新幹線ひかりにしたので、たっぷり読めた。本を読むのは久しぶりである‥

IMG_c8617.jpg

 見覚えのある風景、久しぶりの東京だ‥緊張する。

IMG_c8623.jpg

 会場が目黒だから品川で降りればよかったのだが、ついつい東京まで行って引き返すことになる‥目黒駅に降りたら突然の豪雨に見舞われる‥

 アーケードに入り雨宿りする・・外人さんもいて、目が合ってニッコリ。

IMG_c8631.jpg

 「すし金」は交番を越えて、目黒川のすぐそばだった。

 小やみになったので走る。店に着いてタオルを貸してもらう。「すし金の店名は将棋からですか?」そうでなくて店のご主人のお父さんが金太郎というお名前なのがわかった‥・何かの縁である?

IMG_c8637.jpg

  兄弟子の滝誠一郎八段ご夫妻と弟子の阿久津主税七段、高群佐知子女流三段、弟子のAさんが早めに来て、準備に取りかかる。その合間に記念撮影だ‥

 この会は「引退慰労会」だが、兄弟子が奨励会幹事だった昭和57年前後の奨励会入会組を中心にして招いたようだった‥45年間の現役生活の集大成ながらもリラックスモードなのが、人に気を使わせないざっくばらんな滝先生らしいと思った。

IMGc_8642.jpg

 

 鈴木大介八段と田村康介七段がにこにこして登場だ。手前は鈴木輝彦八段

IMG_c8650.jpg

 初めに滝誠一郎八段の挨拶があった‥45年間の現役生活お疲れ様でした。手前は行方八段だ。

IMG_c8652.jpg

 先崎学八段の音頭で乾杯

IMG_c8656.jpg

 

 会に出席の棋士を代表して、羽生善治三冠から記念品の贈呈

 この日は将棋界の錚々たるメンバーで圧倒される‥さすが兄弟子である‥

 この写真は羽生三冠が「負けました」でなくて「お疲れ様です」でした!

 

IMG_c8657.jpg

  ゴクリ‥おいしかった。

IMG_c8658.jpg

 めったにない機会だから、棋士を撮らせてもらう‥まずはスナップ写真だ。

IMG_c8659.jpg

   何だかタイトル戦の打ち上げのようでもある・・

 

IMG_c8667.jpg

 鈴木大介八段、小倉久史七段、Tさん、いい笑顔です。

IMG_c8675.jpg

 羽生善治三冠は表情が豊かでもっと撮ってみたい?

IMG_c8701.jpg

 森内俊之名人と滝八段、アンバランスが面白い?

IMG_c8726.jpg

  佐藤康光九段もにこやかないい表情です。

IMG_c8712.jpg

 郷田真隆九段、ふと気づいたが村山聖がここにいても不思議でないメンバーだ‥

IMG_c8662.jpg

 鈴木大介八段のコクのある笑顔

 

IMG_c8731.jpg

 行方尚史八段 滝八段、先崎八段、行方八段はすでに酔いつぶれている?わけではありません。

IMG_c8725.jpg

 青野照市九段、貫録がにじみ出ています。

IMG_c8669.jpg

 中田功七段、佐藤九段、郷田九段、中田七段は修行僧の面影があるなあ‥

 

IMGc_8682.jpg

 鈴木輝彦八段のマジックコーナーが始まった。見る間に惹きこまれていく世界だ‥見事すぎて唖然‥感動‥

IMG_c8695.jpg

 目を凝らしてみる‥ネタが写っていないかな?手伝いは疑い深い?高群さんとEさんです。

IMG_c8688.jpg

  疑い深いのが棋士の特性だが‥素直で技にかかるタイプも多そうだ?

IMG_c8738.jpg

  時間が分からなくて、時計を見てびっくりする

 

 IMG_c8743.jpg

 和やかな会だったが、あっという間に時間が過ぎた‥引退慰労会というよりも新たな門出を祝う会のようだった?

 

IMG_c8728.jpg

 兄弟子も今日はほろ酔いかなあ?とにかく心身ともにタフな兄弟子です。

IMGc_8746.jpg

 弟子の阿久津七段が出席者にお礼の挨拶

IMG_c8757.jpg

 店の前で羽生三冠を見送る‥シルエットは滝先生ご夫妻と店のご主人

IMG_c8783.jpg

  私は小倉七段にホテルそばの地下鉄の駅まで送ってもらって、終電で無事に着いた。

  45年間の現役生活で感慨深いことも多いはずだが、こういった気さくな会で締めくくるのが、いかにも兄弟子の滝八段らしくてよかった‥

 私は兄弟子に常にごちそうになって、常にギャンブルに付き合わせてもらって、温かくてタフな人間性を噛みしめて?おつきあいしてもらってきた、感謝の一言です。

  余韻の残るいい会でした‥皆さんお疲れ様でした。

 ホテルに入り、バタンだった。昔なら朝まででも平気だったのになあ‥


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

棋楽

最初の写真からは滝一門私的な慰労会と思っていましたが追加写真を見てびっくり将棋界のオールスター参加の会でしたか。参加の顔ぶれを見て滝さんの人柄が分りますね。森先生ほど弟子の数は多くありませんが奨励会幹事を長くされ滝さんにとって今活躍されている棋士は皆弟子みたいな感じですね。
羽生さんが頭を下げている写真はベストショットです、私は写真にコメントをジョークで付けるようにしていますがこの写真には付け放題。
by 棋楽 (2013-07-17 09:48) 

neko

将棋界のオールスター戦の打ち上げ
滝先生の人徳
村山聖もこっそり天国から顔を出していそうな気がする
by neko (2013-07-18 21:19) 

モリノブ

neko様
 兄弟子の人徳に頭が下がります。村山聖を囲む会のようにも思えました‥その世代のメンバーなのですね。
by モリノブ (2013-08-02 08:57) 

モリノブ

棋楽様
 私も行くまで知らなかったので驚きました。これほどの顔ぶれはいないでしょうね‥スケジュール調整など配慮しつつも兄弟子の念願だったようです。
by モリノブ (2013-08-02 08:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0