So-net無料ブログ作成
検索選択

暗い一日 [アルバム]

 米大学乱射、伊藤一長長崎市長銃撃事件、昨日は痛ましい事件があいついで、暗い気持ちで朝刊を読む。言い知れぬ、不気味なものを感じる。

 今日は一日、家で仕事をする。何とかメドがつきそうだ。昼前に糸谷四段から電話があった。暗い声で元気なく「昨日、対局の結果を電話しなくてすみません。反則負けをやってしまって・・」少し事情を聞いたが、やってしまったことはしょうがない。「尾を引かないように、気分を変えてがんばりや」と励ます。繊細な糸谷君にはショックだろうが、何があってもひたむきに進んでほしい。

<アルバム>岡本駅界隈を歩く  2007,4,17

阪急岡本駅はJR本山駅も近い。

学生も多い。スパイスレストラン「ぶはら」の近くの交差点。

しゃれた文具店

モダンな喫茶店の向こうに、昔ながらの魚屋さんが見える

本山村役場跡、今は図書館だ。

小料理屋さん

狭い路地からの光景

本山市場の中、ちょっとさみしい

立て札があった。タバコを捨てないで下さい!

喫茶、パン屋さん。

岡本駅が見える

 午後からも、夕方からも仕事に精出す。こういうときは仕事をするのがいい。一息ついて、今日は早めに写真と日記を入れることにする。祝賀会の締め切りも迫り、追い込みのハガキがどっさりくる。そろそろ準備に取り掛かる。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

kobecco

 岡本は中学・高校の6年間通学に使った駅で、駅から学校までの道のりを道をいろいろかえて歩いたものです。高校卒業後30年近くがたち、町並みもずいぶんかわってしまいましたが、路地裏の写真などにその当時の面影を感じます。路地の向こうからその当時の友達がひょっこり顔を出しそうな気がします。若いころは感受性が強くて今からみるとささいなことに悩んだりもしましたが、若い自分に帰れたらなあなどという甘酸っぱい思いにふけったりもします。
by kobecco (2007-04-19 01:02) 

モリノブ

kobecco様
 偶然にしても奇遇です。岡本は雰囲気のいい街で、道行く人も静かな感じです。
 路地裏に入ると、昔の面影は残っているようで、古い街並み作りと新しいものが入り混じった、ひとつのバランスを感じます。住むのはよさそうです。思い出の街は、昔の何かを失わないで残っていてほしいですね。
by モリノブ (2007-04-19 10:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。